2005年04月18日

海の向こうでの買収問題

フジテレビとライブドアが和解しましたね。
結果的にはライブドアが、ニッポン放送の株をフジテレビに譲渡することで、ニッポン放送がフジテレビの子会社になる形になったようですね。
ライブドアも業務提携により、新たな分野への進出が期待できるようで、丸く収まったと言えるのでしょうね。

世間を騒がせた(勝手にマスコミが騒ぎ立てたとも言えますが)訳ですから、これからは業務提携による、新しいサービスで世間を騒がせてほしいですね。

日本の買収問題が落ち着いたところに、海外での買収騒ぎが飛び込んできました。
一般の方にはほとんど関係ない話かも知れませんが、私のような仕事をしている人間にはビックリするニュースだと思います。

ソフトウェア開発会社のAdobeが、同じくソフトウェア開発会社のMacromediaを買収したらしいのです。
早い話が、PDFを開発している会社が、Flashを開発している会社を買収したのです。
Adobeという会社名は知らなくても、PDFやAcrobatは殆どの方が知っていると思います。またMacromediaという会社名も知らなくても、FlashやFlashPlayerは知っていると思います。

どちらもネットをしていると、よく見る文字ですし、PDFやFlashはある意味ネットでは当たり前になっています。
言い方を変えると、インターネットで標準とされている、二大ソフトウェアの開発会社が一つになるということです。

このニュースを知った時、私は正直ショックでした。
私もAdobeのillustrator&Photoshopを使い、イラストを描いて、グラフィックデザインをしています。
また、MacromediaのDreamweaverやFlashを使って、ホームページを作っています。

AdobeはDTP分野で、MacromediaはWeb分野で、それぞれにトップの座を欲しいままにしてきました。(と言うよりも競合相手がない)
お互いのソフトでライバルだったのは、Adobeのillustrator VS MacromediaのFreeHand。同じくPhotoshop VS Fireworks。GoLive Vs Dreamweaverといった感じでしょうか。

この二社が一つになれば、完全に独占状態になると言っても過言ではありません。
今までは、お互いに競争しながら、ソフトウェアを提供してきましたが、競争する必要がなくなると、どうなるのかとても不安です。

Macromediaに関しては、あまり不満は無かったのですが、正直Adobeのサポートには不満が大きいです。
illustratorを使っていて起きる不具合に関し、サポートページで調べていましたが、みんな同様の現象で悩んでいるのに対し、何のフィードバックもなされず、バージョンアップだけを繰り返している気がしてなりません。

AdobeがMacromediaを買収ということは、方針はAdobeの方針ということになるのでしょう。
競争相手がありながらも、ユーザーの声にフィードバックしなかったAdobeが、完全独占状態になった時に、どれだけユーザーの声に応えるのか?
不安というよりも、絶望に近い気がしているのは私だけでしょうか?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61547928
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック