2005年01月25日

男の引き際

NHKの海老沢会長がついにと言うか、ようやくと言うか辞任致しました。
でも辞任というよりは、世論からの批評で解任されたと言う感じです。
何でこんなに引き際が悪いんですかね。

過去にもここで「男の引き際」みたいなことをつぶやいたことがあります。
辞める時にはスパッと綺麗に身を引く、それが男らしいと感じるのですが、どうもそう感じさせてくれる人は少ないと思います。

引き際が上手いな〜と感じたのは、阪神タイガースの監督を辞任した時の星野仙一さん。今年で辞めると決めたら、優勝してもスパッと辞めました。
タイガースファンはもちろんの事、多くの人が惜しんで、願わくば続けて欲しい、と思う中スパッと身を引きました。
まぁ、身体的にも限界だったようなので、続けたくても続けられなかったのかも知れません。
それでも、見事な引き際だったと思います。

もう一人引き際が上手いな〜と感じたのが、元官房長官の福田さん。
官房長官の時に、年金問題でやり玉に上げられて、かなりイメージを悪くしました。
しかし、あの時はアチコチにやり玉に上げられた議員がいて、普通ならそのままやり過ごしそうなもの。
でも、突然辞任を表明して、何の未練もなさそうに、スパッと身を引きました。

他にも責任問題を突きつけられた議員が大勢いて、みんないろいろ言い訳しながら、何とか食い下がっている時に、キレイサッパリと辞任していきましたから、とても引き際がよく見えました。
そう言う意味では、福田さんという人は、物凄く知能派なんだなと思います。

今回のNHKの海老沢会長に関しては、全く逆で、散々責任問題を突きつけられ、世論からも批判されながら、しぶしぶ辞めると言う感じです。
それでも辞任ですから、退職金がドバッと1億くらいでるらしい。それはそれでまた腹が立ちますね。
そのお金は国民が払っている受信料ですからね。

どうも世の中の偉い方々は、退く時のタイミングが悪過ぎるように思います。
それだけ名誉も金も大きいのかも知れませんが、それを守ろうとすることで、その人の人間性が露出して、人として男としての価値観を下げているように感じます。
私には金も名誉も無いので、そんな気持ちは解りませんが、これから先、金や名誉を手に入れるような人間になったら、この事をしっかり胸に秘めておきたいと思います。
まぁ、そんな心配をする必要は無いと思いますけどね(^_^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61547847
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック