2005年01月13日

疑うこと・信じること

最近またウイルスメールが増えてきている気がするんですが、皆さんのところはどうですか?
毎日、必ずウイルスメールと迷惑メールが届きます。
本当に必要なメールは、半分もないんじゃないかと思うくらい、要らないメールが沢山届きます。

メーラーで迷惑メールは直接「迷惑メールBOX」に入るので、煩わしい内容には目を通さなくて済みますが、そろそろ法律でメールの扱いも真剣に考えて欲しいですね。

よく「このメールはメルマガに登録されて方や、懸賞に応募された方にお送りしています。」と書かれたメールが来ますが、正直そんな懸賞に送ったことないし、「解除はコチラからお願いします」と書かれていたり、「そのまま返信して下さい」と書かれていますが、信用できないので絶対に返信しません。

最近メールに関しても言えますが、POSTに入っているダイレクトメールでさえ、疑いの目で見てしまうようになってきました。
架空請求なんてのもあるので、全てまずは疑ってかかるのが、自分の身を守る第一の手段のような気がしています。

しかし反面、全ての事に疑いの目で見る自分が、とても嫌な存在のような感じもします。
奈良女児殺害事件の事でも、正月に知人と飲みながら同じようなことを話しました。
子供の身を守るために、自分の子供に「知らない人に付いていかないこと」「知らない人の言うことを聞かないこと」等と教えなくちゃいけない。
実際私も子供には、そう言って聞かせています。
しかし、裏を返せばとても悲しい事です。「知らない人は信じるな」と言っているのと同じですから。

現状では隣近所でも、顔も知らない場合があります。
ましてや子供からしてみたら、自分の家から出たら100%知らない人ばかりかも知れません。
子供が小さいうちから、人を疑う事を教えているような気がして、とても嫌な気分です。

ほんのごく一部の屈折した人間の為に、全ての人を疑わなくてはならないなんて、とても嫌な世の中です。
これからの子供には、疑う事と信じる事、両方を教えていかなくてはいけないのです。
少しでも疑うことが必要のない、そんな世の中になっていってほしいものです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイルス・迷惑メール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61547835
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック