2004年12月16日

長旅

ふと目にしたネットニュース。「奄美」という文字が目に入り、思わずニュースに目を通した。
どうしても自分の故郷の名前が出てくると、「何だろう?」と思って読んでしまいますね(^^;)

記事の内容は蝶々でした。
長野県で8月に公園の開園イベントで放たれた、「アサギマダラ」という種類の蝶々が、11月に奄美大島の喜界島で捕獲されたらしいのです。

蝶々の羽にマーキングがされており、約千キロの旅をしていたことになります。
しかし凄いですね〜半端な距離じゃないですよ。長野から奄美まで!!

私が飛行機で帰省する時でも、ジェット機で1時間半です。
船で帰ろうものなら、30時間かかります。そんな距離を小さな小さな蝶々が渡ったのですから驚きです。

長野から鹿児島までは、陸続きでいけますが、そこから先は完全に海です。
所々の小さな島で休憩をしたとしても、大きな海を越えていくのですから、物凄い生命力ですよね。ましてや、海上では潮風が発生しますし、今年は台風が多かったから、風も強かったのではないかと思います。

小さな蝶々が千キロの道のりを旅する。小さい生き物だけどスケールの大きいな話ですよね。
私たち人間も、蝶々に負けないように、それぞれの目標に向かって、力強く羽ばたきたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61547807
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック