2004年12月06日

昔の年賀状制作

年賀状の注文が増え始めた。これから毎日プリンターフル回転だな。
今年は喪中になるので、自分の年賀状を考える必要がない。
毎年「今年はどんなのにしようかな」って楽しみながら作っているので、なんかちょっと寂しいですね。

年賀状って、昔はみんな手書きで送っていたと思うのですが、この頃は印刷orパソコンが殆どですよね。
たまに手書きの年賀状貰うと、妙に嬉しかったりします。
さすがに「プリントごっこ」というのは、見かけなくなりましたね。
あ、でも今また、「プリントごっこ」のCMしてますね。何でもスキャンができるんだとか。どんな仕組みなのかちょっと気になりますね。

パソコンを使う前は、プリントごっこで年賀状を作っていたのが、懐かしく思います。
確かコピー機で原板を作って、フラッシュライト設置して「バシュッ」ってやって、インク用の版を作るんですよね。
そして、インクを版とフィルムの間に盛って、ペッタンペッタン開始します。

インクが無くなってくると、またインクを足して、刷った物は重ねると裏写りするので、よく雑誌のページの間に挟んで、ストーブで乾かしながら作業したものです。

今あの制作方法でやると、意外と面白い物が出来るんじゃないかと思います。
でも、プリントごっこないし、結構コストかかるんですよね。
新しいプリントごっこって、どんなんなんでしょう?やっぱり気になりますね。
誰か買った人いませんか?

皆さんはもう、年賀状準備お済みですか?どんな方法で作るんでしょうか?
印刷・パソコン・手書き・プリントごっこ・・・それとも芋版(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61547797
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック