2004年11月22日

お見送りin関西空港

昨夜は長距離ドライブで疲れて帰ってきてつぶやけませんでした。
ちょっと用事がありまして、日帰りで淡路島まで行ってきました。

そして今日も朝から高速道路走っていました。
北海道から来ていた嫁さんのご両親が、本日帰るため、関西空港まで見送ってきたのです。

奄美に帰る時は伊丹空港なのですが、北海道十勝の場合には関西空港になります。
昨年の8月末に北海道に行ったっきりなので、関西空港に来るのも、実に一年ぶりということになります。

駐車場に車を入れて、国内線のロビーに入ってくると、突然目の前にたくさんのクリスマスツリーが並んでいます。
大小様々、装飾様々なクリスマスツリーが、ざっと30本はあったでしょうか。
突然の沢山のクリスマスツリーに、子供も興奮していました。
どうやら、関西空港が主催している「クリスマスツリーコンテスト」のようで、作った方のコメント等も一緒に飾られていました。

搭乗手続きを済ませ、朝食を済ませて、ご両親を見送りました。
子供に「一緒に北海道へ行ってくる?」と聞きましたが、苦笑いしながら「え〜〜〜〜」と言って首をかしげていました。

「飛行機が飛び立つところを見送りたい」という子供の希望でしたが、関西空港は展望台が別場所にあり、そこに行くまでバスに乗らなくてはならず、時間的にも厳しいのでそのまま帰ることにしました。

しかし、子供としては納得がいかず、駄々をこねて仕方ないので、朝食前に入りたがっていたおもちゃ屋さんで、トミカを1台買ってあげることで何とか決着しました。(あぁ〜またトミカ増えてしまった(^^;))

帰り際にクリスマスツリーの前で、写真だけ撮って帰りました。
その時、嫁さんの携帯に、「これから搭乗する」とお父さんから電話が入りました。
ちょうど駐車場を出る時間と、飛行機の離陸時間が同じだったので、子供と嫁さんは周りを見回して、それらしい飛行機を探しました。
連絡橋から阪神高速に移った頃に、1機のそれらしい飛行機が見えました。

嫁さんが、「きっとあの飛行機だよ」と言って、二人で飛行機にバイバイしていました。

そして子供が一言ポツリとつぶやきました。
「もう、三人になっちゃったね〜」と、いつもは三人なのですが、北海道のおじいちゃん・おばあちゃんが来て、一時は妹さんとその赤ちゃんも来て、とても賑やかだった我が家。
子供なりに、楽しくて、そして三人に戻った寂しさを感じたのでしょうか。
「今度はおじいちゃん・おばあちゃんに会いに、北海道に行きたいね」と話ながら家路に着きました。
(クリスマスツリーの写真です)

041122.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61547783
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック