2004年10月25日

地震のツメ跡

新潟の地震の被害が広がっています。
やはり当初は情報不足で、被害が把握しきれてなかった分、日が経つにつれて大きな被害であることが解ってきました。

阪神・淡路大震災の時のような、大規模な火災が発生していない分、不幸中の幸いかも知れませんが、被災地の方々は不安な日々を送っていることでしょう。
一日も早い復旧を望むところですが、映像でみる限りでも、かなりの時間を要するものと思われます。

今年は相次ぐ台風の被害に加えて、この大地震です。
自然災害額はなんと一兆円を超えているそうです。
自然災害なので、予測はつかないかもしれませんが、もっと災害時の予算というものを検討しておいた方がいいように思います。
無駄な公共工事や、議員年金に金をかけないで、もっと身近なところでお金を使って欲しいものですね。

夏に起きた、同じ新潟での集中豪雨被害のことを、テレビでやっていましたが、助成金は殆どあてにならなかったようです。
必要物品を購入し、領収書と引換で助成金を受け取れるらしいのですが、なんと家の工事費には使えないということでした。

最も必要な住むための家の工事費に、お金が使えないんじゃ意味がありません。
最も大事な住空間の家が出来て初めて、生活に必要な物品が必要になるんですから。
住む家が無いような状態で、テレビやビデオなんて買う訳ないはずなのに、生活必要物品のリストには、テレビ・ビデオ・ミシンなんてのが入っていたらしいです。
被災者の気持ちになって、物事を考えていない証拠でしょうね。

もう台風も、地震もこりごりなので、今年はもうこれくらいで終わりにしてほしいと思います。
せめて年末に向けては、何事も無い、平和な日々が続いて欲しいものだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61547756
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック