2004年10月02日

ついに新記録達成

ついにやりましたねイチロー選手。年間最多安打記録達成、そしてさらに記録更新。
あのプレッシャーの中で、いつもと変わらず、淡々とプレーできるんだから本当に凄いプレーヤーだと思います。

今まで日本の選手が、メジャーで活躍できるだけでも「凄い」と思われていたのに、メジャーの一流選手達が、今までず〜っと破ることをできなかった記録を、日本人選手が破ったのだから、多くの日本人に勇気を与えたことだと思います。

大げさな言い方ですが、日本は敗戦国となってから、「日本人は欧米人に勝てない」といったイメージがあったのではないでしょうか。
どうも日本人は欧米人より劣っているというイメージを、自分たちで持っていたように思えます。

しかし現に、体格やパワーと言った面では、日本人は欧米人にはかなわないかも知れません。
いくら日本人の体格が良くなってきても、元々の身体の作りが違うと思います。

今回のイチローの功績は、日本人だからこそ達成できた記録なのではないかと思います。
ヒットを打つことは、パワーよりもテクニックの方が重要だと思われます。そして何よりも、この大記録に挑む上でのプレッシャーに、負けないだけの精神力。これが強かったのではないでしょうか。

イチロー自身も話していることらしいのですが、常にモチベーションを維持しているらしいのです。
言い換えるならば、心の乱れが無いということではないでしょうか。
なんとなく、武士の心得に近いものがあるような気がします。
まさしくイチローは、現代の侍ではないでしょうか。刀をバットに持ち替えて、精神統一してボールを叩く。

残り2試合で、更に記録を伸ばすのかも知れませんが、イチローからしてみたら「単なる通過点」なのかも知れません。
日本中そしてアメリカ中が新記録に騒いでいますが、本人はもう冷静に次のステップを見つめていそうな気がします。
イチローの活躍を、野球に対する姿勢を、見習って私も頑張っていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61547733
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック