2004年09月18日

ストライキ決行

ついにプロ野球ストに突入してしまいましたね。
仕方ないのかも知れませんが、回避できなかったのかと残念です。
どうしてもオーナー側は、自分たちの思い通りにプロ野球を動かしたいのでしょうか。

楽天やライブドア参入を、認めたくないような感じがしてなりませんね。
今回のプロ野球のオーナー達の動きを見ていると、古い日本の企業体質が浮き彫りになった感じがしてなりません。

小さな話で例えると、町の商工会に、よその土地から移ってきた人が加入を希望しているのに、「よそ者だ、伝統があるから簡単には入れない」と言ってるのと同じような感じがしますね。

プロ野球界を私物化している気がしてなりません。
本気で日本のプロ野球の未来を考えるなら、どんどんやりたい人・企業にチャンスを与えるべきです。

ストライキをやって得する人は誰もいないんですから、早く解決して、新しいプロ野球の形を作っていって欲しいですね。
長引けば長引くほど、プロ野球界は衰退していくでしょう。
でも、その危機感をオーナー側が感じてないような気がするのも、何か腹立たしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61547720
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック