2004年08月24日

バージョンアップ

今日は託児所で8月生まれの誕生会があったらしい。
我が子も8月生まれなので、誕生会で祝ってもらったようです。
毎月その月の誕生日の子供たちを、託児所全員でお祝いするのですが、ステージに上がり、一人一人先生からインタビューを受けます。
昨年はちょうどお母さんが休みで、ビデオに録ってきたのを見ました。

今年も同じようにインタービューを受けたようです。
インタビューの内容は
1)お名前は
2)いくつになりましたか?
3)大きくなったら何になりますか?
の内容なのですが、昨年は大きくなったら・・・の質問に「おとうさん」と答えていました。しかし、その数日後には別のものに変わっていましたけど(^^;)

今年は「サッカー選手」と答えたらしいです。何か急に現実的な夢になっています。1歳違うだけでこうも違うものなんでしょうか。
託児所から持ち帰ったプレゼントは、全て先生の手作りの品です。
毎回毎回その発想と、綺麗に仕上げる器用さと、100%手作りの温かさに感心しています。

特に今回ビックリしたのが、かぶり物でした。
ステージに上がった時に、それぞれ頭にかぶり物をするのですが、今までは頭に紙の輪を巻いて、そこに動物等の絵を貼り付けた物だったのですが、今年のかぶり物を見てビックリしました。何と立体になっているではありませんか。ちゃんとヘルメットになっているのです。
しかも真っ赤なタコのヘルメットです。ヘルメットの裾からタコの足が伸びて、かぶると髪の毛みたいな感じになっているのです。

中を覗くと、ちゃんと紙で型を作って、新聞紙で丸い形に仕上げていました。
我が子の頭にピッタリだと言うことは、我が子のためだけに作っていると言うことです。と言う事は8月生まれの子供全員の分を作っているのでしょうか?
他の子がどんなかぶり物だったのか、見たかった気もしました。

それにしてもすごいぞ託児所の先生。バージョンアップしています。
子供たちのために、一生懸命いろんな事をしてくれます。子供たちが先生を大好きなのも分かりますね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61547696
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック