2004年08月01日

グループ展&PL花火

今日は一日予定がびっしりの日でした。
まず朝から、町内会の古紙回収作業があり、朝から汗かきながら、ご近所から古新聞・古雑誌を集めました。

その後は大阪へ出発。本日8/1は、「世界一」と言われている、大阪のPL花火の日です。
今年は日曜日と重なり、タイミング良く嫁さんも休みだったので、家族そろって見に行こうと話しておりました。

しかし、物凄い人の数なので、見る場所を探すだけでも大変です。
そこで、今回のグループ展でご一緒するT嬢のところで見させてもらうことにしました。
家からは見えませんが、近くの小山から見れるらしく、場所を確保してもらいました。

昼前に家に寄らせてもらい、車を置いて、今度は電車でナンバへお出かけ。
ネットでお知り合いになった「Handmade Fleuve」のharukaさんのグループ展があるとのことで、お邪魔させて頂きました。
harukaさんとも、お会いすることができ、生で作品を拝見しながら、少しの時間ですがお話させて頂きました。
harukaさん、どうもありがとうございました。そして子供がうるさくて申し訳ございませんでした。

グループ展見た後、昼食を済ませ、嫁さんの要望で「東急ハンズ」へ。
いろいろ見て回って、必要物品を買いそろえ、帰ろうとした時、子供がある物に釘付けに。
「夏休み工作」と題したコーナーに、粘土で作った昆虫があり、そのセットを買うと、昆虫の型が入っていて、粘土昆虫ができ上がるという代物。結局買わされました(-_-;)

買い物も終わり、そろそろT嬢の家に戻ろうと電車に乗りました。
天王寺で降りて、近鉄線に乗り換えるのですが、そろそろPLの花火に向かう人で、駅はごったがえしています。
電車も鮨詰状態で、隙間なく人が入っています。

花火会場に向かう電車とは別の電車に乗り、座って帰ることができましたが、それにしても凄い人。
隣から見ているだけでも、こっちまで息苦しくなりそうです。

そして夜になっていよいよ花火が始まりました。
次から次へと上がる花火に、子供も私たちも興奮していました。
写真を撮ったのですが、ファインダー覗いて写真を撮っていると、花火の光で、目がおかしくなりそうでした。

私たちが見た場所は、花火会場から遠く離れていましたが、それでも物凄い光と音でした。
そして周りには物凄い人と車の数でした。

約小一時間、花火は続きいよいよクライマックスへ。
今まで見た事ないような、花火が続いて、最後は爆発か?と思うくらいの物凄い数の花火で終わりました。
最後の花火も撮影したかったのですが、とんでもないハプニングに襲われて撮れませんでした。

私たちが花火を見た小高い山は、多くの見物人が来ていて、みんな道路際にゴザを敷いて花火見物をしていました。
もちろん私たちも同様に見ていました。
そして車も道路際に止めてあり、車と車の間に人が座っているような感じでした。

私のすぐ横にも軽自動車が止まっていたのですが、花火のクライマックスの時に、突然動き出して、しかも私のところにバックしてきたのです。
ビックリして逃げ出す間もなく、ひかれそうになりかけた時に、近くにいた方が、運転手に「後ろ人いるで〜」と叫んで教えてくれました。

しかし、まだ花火も終わってないのに、突然車動かして、しかも周りに人たくさん座っているにも関わらず、全く確認もせずバックしてくるなんて、あまりの突然の出来事にみんなあっけにとられました。
普通なら「スミマセン」の一言くらいありそうなものを、全く無視でその車はさっさと立ち去っていきました。

私も家族も、周りに居た人たちも「何やねんあの車(怒)」と口を揃えてその車を睨みつけておりました。
まぁしかし、怪我も無かったので、良かったです。
最後のシャッターチャンスは逃してしまいましたけど。

そんなこんなで、非常に充実した一日を過ごしました。
また機会があれば、PLの花火見たいと思います。
次は周りに車がないところを選んで、撮影したいですね(笑)

040801-1.jpg

040801-2.jpg

040801-3.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61547677
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック