2004年07月07日

今日は七夕

毎日暑いですね(T▽T;)
今年は去年の分まで猛暑なんかな(T▽T;)
あぁ〜〜〜〜ちめた〜いビールを、グビッ!グビッ!グビッ!ぷはぁ〜(^o^)Pってやりたいです。

今日は7月7日七夕ですね。皆さんの所では天の川見えますか?
私の所では雨は降っていませんが、雲っていて見えましぇ〜ん(T_T)
昨年も同じような事をつぶやいた気がしますが、ここ数年、七夕の日に天の川を見た記憶がありません。
それよりも、まともに星が見えないと言った方が正しいのかも知れません。

先月蛍を見に行った時に、山の中の町に行ったので、周りに明かりがほとんどなく、星が綺麗に見えたのでビックリしました。
私の住んでいるところは、田んぼがある田舎ですが、一応「市」です。
周りは住宅が密集し、近くに24時間のスーパージャ○コもあり、夜でも駐車場の光が輝いています。

いつからでしょうかね。星空を見上げることがなくなったのは・・・。
子供の頃は星空を眺めるのが大好きで、1〜2時間でも平気で星空を見上げていました。
一般的に星空は、空気の澄んでいる冬の方が綺麗だと言われます。また、正座も冬の星座の方が魅力的らしく、星の観察には冬が良いと聞きます。

しかし、私は夏の夜に、夜風に吹かれながら、星空を眺めるのが好きです。
忘れられないのが、高校の時、関西から船で奄美に帰ったのですが、船の甲板に寝転がって見た、星の素晴らしさは「星ってこんなにあったの」と思える程の数でした。

同様の経験を、12〜3年前に、家族で一泊した奄美大島の離島「加計呂麿島」でしました。
船の上も、加計呂麿島も、共通している点は、回りに星の光を遮る明かりが無いことです。

最初は星が見え過ぎて、ちょっと怖いくらいでしたが、満天の星を見ながら、波の音をBGMに南風に肌を撫でられると、身も心もリラックスしていきます。

暗やみを照らす人類の星である、明かりも大切ですが、時には自然の星を見上げたいですね。
今日は星は見えませんが、昔見た星を思い浮かべながら、「見上げてごらん夜の星を♪」でも聴いて、七夕気分を味わいたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61547652
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック