2004年05月29日

あなたは知ってますか?

私が中学生の頃だっただろうか。
「口裂け女」というのが流行り、日本全国の小学生・中学生を、恐怖に陥れていた。
口コミのうわさ話で広がった、この「口裂け女」は、海を越えて私の住んでいた奄美まで来ていたのだ。

「隣町の中学生が襲われたらしい」という噂が教室で広まり、みんなビビっていたのを覚えている。
夜は怖くて、家から一歩も出れなかったものです。

しかし、もう20年以上も前の噂話が、さらに海を越えて、今韓国で広まっているらしい。
韓国版口裂け女は、赤いマスクをしていて、「私キレイ?」と聞いてくるらしい。
「キレイ」と答えると、耳元まで裂けた口を見せ、「これでもキレイ?」と言うらしい。

マスクが赤い点を除けば、全く日本の口裂け女と同じで、日本の口裂け女が、海を渡って韓国まで進出してしまっている。
そして日本と同じように、韓国の小学生・中学生を恐怖に陥れているらしい。

それにしても、なんで20年以上も前の、口裂け女が今ごろ、しかも韓国で噂になるのだろう?

ひょっとすると、また、日本でも口裂け女伝説が復活するのではないだろうか?
20年以上も前のことなので、当然ながら、今の子供は知らないこと。
私の世代が最も恐怖を覚えている世代だし、今まさに小学生くらいの子供をもっている世代でもある。

親が「昔こんな噂話があってね」なんて子供に聞かせたら、それがたちまち広がってもなんら不思議ではない。
子供の頃って純粋なんで、友達が話すことを素直に聞いているんですよね。誰かが冗談で言った嘘の話が、1日後には本当の話のようにクラス中に広まり、1週間後には学校中に広まったりしたことがよくありました。

韓国では、社会問題にまでなっているらしく、まさしく20年前の日本と同じ状態になっているようです。
日本では、もう活躍してほしくないですね。
大人になった今でも、その頃の話を思い出すと、やっぱり怖いですから(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61547614
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック