2004年05月08日

富士山

先ほどテレビを見ていたら、GWの特集で、中国にも日本と同じ時期にGWがあることを、話していました。
そして、GW中の人気の旅行先がなんと日本らしいのです。
いくつかの旅行団体を、カメラが同行取材していました。

福岡から大阪、京都を巡り、最後に東京までバスでの旅行らしいのですが、驚いたのはどのツアーも、富士山を見る事をもの凄く楽しみにしていることでした。

ツアー中のGWは後半の時期で、あいにくと天気は荒れ模様でした。
もちろん富士山はおろか、100m先の景色さえ見えません。
日本人観光客なら、海外に行って景色が見えなかったら「仕方ないな」で諦めると思うのですが、中国人観光客は違いました。
どこか富士山が見えるところがないか、バスをぐるぐると走らせて探しているのです。
しまいには、次の日の予定をキャンセルして、二日連続で富士山を見るためだけに時間をかけているのです。

そこまでしなくても・・・・と思いましたが、逆に言えばそれだけ富士山を見たいという気持ちが強いということです。
中国のような大きな国からすれば、日本は小さな小さな国で、富士山なんて知らなくても不思議ではないと思っていたのですが、そこまで富士山にこだわってくれると、日本人として嬉しくなりますね。

残念ながらツアー中には、富士山は見れませんでしたが、観光客は満足しながら「また富士山を見にくるよ」と言い残して、帰っていきました。

富士山と言う山は、日本人だけではなく、海外の人間も虜にしてしまう山なんですね。

私も富士山を初めて目の前で見るまでは、そんなに意識していませんでした。
しかし、4年ほど前に東京へ新幹線で行ったときに、突然目の前に雄大な富士山の姿が現れたときには、一瞬息が止まりました。

冬の晴れ渡った青空に、凛とそびえ立つ峰は、言葉では言い表せないものでした。
新幹線の車窓から覗く富士山は、まるで額に納められた一枚の絵のようでした。

あれから3回ほど関東方面に足を伸ばしていますが、あの時のような感動的な富士山は見ていません。天候に影響を受けますので、あの時はホントに運が良かったんだと思います。

きれいな富士山を見ようと思ったら、富士山の見えるところで、最低一週間は粘らないとだめなんじゃないでしょうか?
将来的にゆとりができたら、じっくり富士山を見るためだけに、時間をかけてみたいですね。

きれいな富士山を写真に撮ったり、スケッチしたりしてみたいです。
将来の夢のひとつですね。
叶えるためにも、今は頑張らなくちゃ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61547593
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック