2004年03月26日

19年の歴史

今日でニュースステーションが終わりましたね。
19年もやっていたんですね。凄いことだと思います。
長寿番組は他にもありますが、一人の司会者でこれだけ長い間やってきた番組ってそうないんじゃないでしょうか。

ニュースステーションは、久米宏さんが司会を、一人でず〜と続けてきていたので、「久米宏じゃなきゃニュースステーションじゃない」みたいな感じになっていました。
おそらく局側も、最初は他の人に変わって続けるつもりだったのだと思いますが、あまりにも個人のイメージが強過ぎて、続けられなかったのでしょうね。

番組の途中に、昔の映像に現在の映像を合成する演出などあり、19年という年月の長さを感じさせてくれました。
19年前といえば、私はちょうど社会人になりたての頃でした。
番組の最後の方で、年代ごとに、久米宏さんの写真が次々と出てきて、大きなニュースが次々と紹介されていました。
この19年の間にホントにいろんなことがあったんですね。

阪神タイガースの優勝に始まり、湾岸戦争。昭和天皇崩御〜平成へ。ベルリンの壁崩壊。阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件。9.11テロ、イラク戦争。
そして昨年の阪神タイガースの優勝。タイガースに始まって、タイガースに終わったような感じですが、国内でも世界でも、ホントにいろんな事が起きていました。

私個人も、社会人になり、転職して、結婚をして子供が産まれてと、19年の間にいろんな事がありました。
まさしく、人生の中で、最も変動がある時期に、観ていた番組だったと思います。
そんな番組が終わってしまったのは、ちょっと寂しい気持ちもありますが、久米宏さんが「限界だ」と言っているのですから、仕方ありませんね。
とにかく、お疲れさまといった感じです。

また、新しい番組がスタートして、新しい時代のニュースを伝えていくのでしょうね。
今日は、ニュースステーションの19年間の歩みと共に、自分の人生の歩みも振り返った日でした。

久米宏さん、19年間ホントにお疲れさまでした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61547559
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック