2003年08月06日

原爆の日

今朝いつものようにTVを点けると、いつもと雰囲気が違う。
何やら静寂な雰囲気が・・・・今日は58年目の広島「原爆の日」でした。
たくさんの人が祈りを捧げ、平和を祈っておりました。
その中で広島市長の挨拶があり、核撲滅の思いと裏腹に、世界が危険な状態にある事を訴え、アメリカのブッシュ大統領や、北朝鮮の金正日総書記に、広島の地を訪れて核の恐ろしさを、身をもって体験して欲しいと、強く訴えていました。
そして、その挨拶を目を閉じて聞いている、小泉首相の何となく困ったように見える顔が、何とも複雑な感じでした。
表向きには核撲滅と言いたいところだが、北朝鮮の核問題を考えると、アメリカには味方に付いてもらいたい。というところだろうか。
私たちのような、戦争を知らない世代が、次の世代に「戦争はいけない事だ」と伝えるために、もっともっと戦争の事、世界の事を一人一人が考えていかなくてはならない時代なんだなと、TVを見て感じた朝でした。
う〜ん、今日は何かまじめなひとり言になってしまいました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61547337
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック