2003年07月09日

怒り爆発

ちょっと専門的な話だが、DTV(デスクトップ・ビデオ)のアプリケーションに、アドビシステムズのPremiere(プレミア)という物がある。
ビデオや写真を取り込んで、編集できるアプリケーションなのだが、専門知識がなくてもある程度使えて、かなり凝った事が出来るので、私も愛用していた。
ところが、この度このPremiereのMac版が開発中止になってしまった。理由はAppleがFinalCutProという、DTVアプリケーションを開発し、販売しているため。
ようはMacを使っている人は、FinalCutProに切り替えるか、Windows版のPremiereを使えって事ですな。なめとんのか(▽▽#)
こっちは高い金だして、バージョンアップしてるんだぞ。そっちの都合だけで勝手に開発中止するな。そりゃ〜確かにMacユーザーは少なくて、さらにAppleがライバルアプリケーション出して、さらにユーザーは減ったかも知れない。でも、それでも「やっぱりPremiereの方が使いやすいや」と思わせるような努力をしてもいいんじゃありませんか?
昨年末に6.5にバージョンアップして、MacOS Xにも対応したものの、やたらと動きが重いし、どうも不安定、よく落ちる。しかも、全く改善する様子も見えない・・・と思ったら、今回の開発中止。金返せちゅうねん(▽▽#)
せっかくDTVも、もっと勉強していこうと思っているのに、やる気なくしてもうた。真剣にFinalCutに乗り換え検討しようかな。でも、値段高いからFinalCut expressで様子みようかな。どっちにしても金いるけど(;_;)
AppleがPremiereからの乗り換えキャンペーンとかして、安く販売してくれないかな。
今日はかなり怒りモードのひとり言になってしまった。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61547317
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック