2020年07月09日

第2波に備えて

200619.jpg

なんて日だ!!(バイキング小峠風に)

昨日に続き、今朝も大雨で警報発令。
二日連続で学校が休校となってしまった。
娘たちは今日も休み。

ただでさえ、長期休校の影響で事業日数が足りないと言うのに。
そして気になるのが明日の天気。
実は明日も朝方に雨マークなんですよね。
やめてくれ〜。明日まで休校になったら、土日含めて5連休になってしまう。
なんとか明日は警報出ませんように(-人-)

天気も気になるところだけど、感染症拡大も気になりますね。
東京ではついに200人を越えました。
奈良県もしばらくは出ていなかったのですが、数日前から出始めて、今日はなんと我が市でも感染者が出ました。
やはり20代の若い方のようです。

やっぱり夜の街関連なのかな?
若い人から若い人へと感染しているのでしょうか?
しかし若い人は無症状だったり、軽症だったりするので、わからないまま広がっている可能性もあります。

嫌だけど第2波に備えなくてはいけませんね。
外出時は必ずマスクしているし、帰ってきたら手の消毒しているけど、やっぱりちょっと気が緩んでいます。
時々消毒忘れたり、マスクも同じマスク使い回しだし。
もう一度気を引き締めなくてはいけませんね。
そしてリスクを避けながら、活動をしないと経済が回りません。

以前紹介した厚生労働省から出ている感染対策アプリを活用しましょう。
おおよそ予想はしていたけど、やっぱりこのアプリに対して、ネガティブなイメージ持っている人が多いようです。
「監視される」とか「税金の無駄」とか、とにかく安倍政権がやることには、すべて否定しネガキャンをする。
そりゃ〜指摘されるべきところもあります。
しかし、何でもかんでも批判だけして、使いもしないと言うのはどうでしょうか?

そもそもGPSなどの位置情報も使わないし、個人情報も使わない。
そんなアプリを「監視アプリ」と批判する人。
でもあなたSNS使っていますよね?
ガッツリ位置情報取られていますよね。
なんなら個人情報も提供していますよね。

民間、それも日本国外のアプリはバンバン使って、なぜ日本国が出すアプリは信用しない?
facebookやTwitter、instagramもアメリカです。
LINEは日本企業のフリをしているけど、本社は韓国です。
TikTokに至っては中国製です。
情報が抜かれている事が問題となり、インドやアメリカは使用禁止を検討しています。

最近テレワークで活躍しているZoomも、会社はアメリカだけど、開発者は中国人。
サーバーが中国を通している事で、一時期問題となりました。

そんなアプリは気にせず使うのに、なぜか日本政府が出すアプリに拒否反応を示す。
全く意味がわかりません。
最初から「使えない」と否定するのではなく、とにかく使って行ってさらにバージョンアップを促す方が建設的です。
このアプリは大勢の人が使わないと、その効果を発揮しません。

アピール不足があるのも事実なんですよね。
その辺はやっぱり日本政府は下手です。
もっと著名人とかを使って、広げて欲しいですね。

皆さんも、ぜひインストールして使ってください。
大勢の人が使う事で、効果を発揮するアプリです。

posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:06 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。