2020年05月28日

逆転の発想で

2005028.jpg

本日は中学校のPTA役員会でした。
正確には役員会じゃなくて、総会資料に目を通すことが理由です。
ただ、役員が集まるので、これを第一回の役員会とさせていただきました。
何度も集まるのも大変だし、リスクも伴いますからね。

学校が休校となる中で、PTA活動も全く動かない状態でした。
総会も出来ないので、書面配布による、承認を取ることで、教頭先生が書面の準備を進めています。
その内容確認のために集まりましたが、せっかく集まるのなら、これを第一回の役員会として、話が進みました。

本来は第一回の役員会で、今年の行事などを確認して、1週間後に運営委員会を開くようです。
しかし今年は3月から休校が続き、何も出来ないまま今日を迎えています。
行事としてはすでに終わっているべきものもあり、また中止が決まったものもあり、現時点では全てが白紙と言っても過言ではありません。

またさらにややこしいのが、今年は学校の校舎建て替え工事が入っています。
そのため、例年使っていた場所が使えなくなり、行事にも支障が出てきそうです。
何もかもがマイナスの方向に向かいそうになる。
普通なら「こんな状態なので中止」って言いたくなりそうな状況です。

しかし、会長が前向きな会長なので、「こんな時だけど、まずは生徒たちの事を第一に考えて、できる事を頑張りましょう。」と挨拶されました。
私も全く同感です。
逆にこんな時だからこそ、従来の活動に囚われず、できる事をどんどん試して行った方が良いと思います。

市のPTAもまだスタートできていません。
ようやく学校の再開が始まるので、こちらもそろそろ動き出すと思います。
今年はあらゆる面で、初めての判断を迫られる場面が出てくると思います。
今までの常識では通用しない。これまでの経験が通じない。
そんな場面が多々ある事でしょう。

しかし、逆手で考えると、これまで出来なかった事をやれる可能性があります。
新しい事を取り入れて、新たな常識を作り出せるチャンスです。
「出来ない理由」を発するよりも「出来る可能性」を考えたいと思います。

少しずつ動き始めて、少しずつ忙しくなりそうです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:37 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。