2020年04月07日

緊急事態宣言

200407.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

結局また休校となってしまいました。

昨日、そして本日と学校に行った娘たち。
次女は帰ってくるなり「先生から自宅学習出来ないか、もう一度お父さんと相談してと言われた」と言ってきました。
やっぱりか〜というのが本心でした。
市の方向性としては、出来るだけ自宅学習を取り入れて欲しい。
学校もそれにならって、なるべく自宅学習をすすめているのです。

確かにリスクを減らすためにも、自宅学習の方が良いのはわかる。
しかし、あくまでも要請です。そして次女は学校に行きたいと訴える。
そりゃ〜そうですよね。他の子は学校行くのに、自分だけ自宅学習って。
でも、自宅学習が可能なら、それをやるしかない。

長女も次女も、自宅学習にする決意を固めた後でした。
安倍総理が緊急事態宣言を出した事を受けて、市の方針が変わりました。
自宅学習と分散登校で授業を行う予定が、急遽休校措置へと変更になりました。
結局みんな自宅学習となった。
週に1回登校日があるので、その時に、課題をもらったり渡したりするようです。

いやはや本当に二転三転。
ようやく学校が始まって、私もホッとしていたのですが、また元の生活に戻ります。
でも、今はどうしようもありません。
このひと月を頑張って乗り越えるしかありませんね。

緊急事態宣言を出しても、拘束力が無いから意味がない。という批判もあります。
そして企業や店舗に対しても、休業要請であって強制ではない。
それでも続々と、休業や営業時間短縮などの措置を取る企業の発表が続いています。
日本人は罰則が無くても、要請されたらそれに従うのです。
後はしっかり国が保証してくれる事が大事です。

緊急事態宣言が出されたのは、東京や近隣の県、そして大阪と兵庫、福岡の7都府県。
奈良は出ていませんが、奈良から大阪に仕事や学校で移動する人が多い。
だから奈良もかなりの影響があると思います。

市が休校措置を取ったのも、奈良と大阪で人の往来が多いからです。
「奈良は出ていないから大丈夫」では無いのです。
それは他の県も同じ。
自分のところが緊急事態宣言が出ていないからと、普段通りの生活をして良いわけでは無い。
感染を広げないために、他の県も十分に注意しないといけません。

今こそ日本人が一致団結しないといけません。
このひと月を乗り切れるかどうかで、日本の未来が変わると思う。
極力不要な外出を控え、感染拡大防止に努めましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:34 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。