2020年03月28日

稽古はいつから?

200328.jpg

今日は夕方に、剣道の話し合いがありました。
先生方&保護者で、稽古をいつ再開するか話し合いました。
結果的に4月いっぱいは様子を見て、5月から開始することで合意。

2ヶ月以上稽古が出来ない事になります。
子供達もかなり体がなまるでしょうね。

そして4月に予定されていた柳生での試合も、中止が決まったようです。
さらに5月5日に行われている、春日大社の奉納試合も中止。
5月の中旬にも試合があるのですが、これもまだわかりません。

今月の8日には、6年生を送る会を行う予定でしたが、こちらも当然中止になりました。
毎年、盛大にお祝いして送り出しているのですが、今年は本当に残念です。
送る会は出来なくても、簡素で良いから6年生たちを送り出す催しができればと思っていますが。
これもある程度落ち着かないと難しいでしょうね。

本当は、4月に剣道体験教室を行う予定でした。
4月の日曜日に、小学生低学年を中心に、体験教室を開く段取りをしていた。
小学校や幼稚園・保育所に案内のチラシを配る予定で、印刷まで出来ていました。
印刷ができたのが、2月24日そして26日からは稽古の中止が決まる。
さらに2月28日には、安倍総理が一斉休校を発表。

この時点で小学校にチラシを配布する事が出来なくなりました。
そして体験教室自体も開けない事に。
印刷を出す段階までは、ここまでの感染拡大がわからなかった。
私の手元には、大量のチラシが封も切らずに残されたまま。

まぁ、でも逆に考えたら、もっと早くに動いていたら、学校でチラシ配布されていたので、その後の対応の方がややこしかった。
4月だと開催されるのか?の問い合わせなどもあったかも知れない。
チラシ代は無駄になってしまったが、対応に追われることを考えると、これで良かったと思う。

問題はいつ稽古が再開できるか?と、それに伴って剣道教室を開催できるか?です。
残念ながら子供の数は減る一方で、6年生が抜けるのでさらに減ります。
毎年新学期にチラシを配っていますが、全くと言って良いほど反応がない。
そこで今回は剣道教室の形をとる事にしたのです。

プロ野球やJリーグさえも、開催できずに苦しんでいますからね。
オリンピックは1年延期が決まって、中止にならなかった分良かった。
しかし、スポーツやイベント関係の復活の目処が、なかなか立たないのは、本当に苦しいです。

感染防止と経済活動。両方をうまくバランス取らなくてはならない。
本当に難しい舵取りだと思います。
不安も広がっているだろうから、ここは政治の力で、国民に安心を与えてほしい。
そのためにも、1日も早い支援が必要。

牛肉割引券とか、旅行割引券とか、そんな利権がらみのことばかり出さないでくれ。
日本国民が望んでいるのは、現金給付と消費税減税です。
なかなか財務省が首を縦には振らないでしょう。
でも頑張って政治の力で成し遂げて欲しいです。

長い戦いになりそうですが、私たちも負けずに頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:22 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。