2020年02月28日

今こそONE TEAMで!!

200228.jpg

安倍総理の突然の「全国一斉休校要請」で、全国の市町村が対応に追われた1日だったと思います。
おそらく現場はてんてこ舞いで、本当に大変な1日だったでしょう。
要請ではあるけど、ほぼトップダウンの指示と受け取るべき。

今回の安倍総理の要請に対して、批判的な意見もたくさんある。
現場の立場からすれば、「もっと早くに言って欲しかった」というのが本音でしょう。
私もタイミングとしては、基本方針を発表した時に言うべきだったと思います。
そうであれば、2〜3日の時間があり、現場ももう少し余裕を持って動けた。

でもきっと、言えなかったのでは無いでしょうか。
やはりいろんなところから、反対意見や抵抗があったのだと推測します。
だからこそ突然の発表になったと思う。
ある意味、今回の判断は、安倍総理が腹をくくった決断だった気がします。

決断はしたものの、細かな部分は、地方自治体に丸投げになります。
昨夜の発表から一夜明けて、今朝は現場はてんてこ舞いだったのでしょう。
それは学校からの連絡メールにも表れている。

働く親にとっては、突然子供達が長期の休みとなった。
「どうしたら良いのか?」「仕事休めない」そんな声があちらこちらから吹き出てくる。
働く親の立場を考えて、保育所と学童保育は開かれる事となった。
それでも学童保育を利用していない親には、子供をどうすれば良いのか判断に迷う。

ここから先は、それぞれの自治体で策を講じるしかない。
政府としては方針を示すところまでしか決定出来ない。
細かなことはそれぞれの自治体で対応するしかないでしょう。

現場はてんてこ舞いしているでしょうから、今回の総理の突然の判断に、否定的にもなると思う。
それでも決まった以上は、最善の策を講じて市民を子供たちを守るしかない。
不平不満はあるかも知れないけど、批判の前に自分たちの仕事をしてほしい。

この1〜2週間が勝負。
だからこそ、総理も思い切って決断したのだと思う。
今は批判をするのではなく、決まった方針に沿って、それぞれができることの最善策を講じること。
自分の仕事を精一杯頑張る時です。
まさしくONE TEAMなのです。

そして私たち一般市民も、自分たちのできる範囲のことを頑張るしかありません。
みんなが一丸となって頑張る以外に道はないのです。
今は緊急事態です。何としてでも感染拡大を封じ込めなくてはなりません。

ウイルスとの戦いに勝利して、オリンピックを迎えるために頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:24 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。