2020年02月20日

危機意識を持ちましょう

200220.jpg

新型コロナウイルス(通称:武漢肺炎)が止まりません。
日本各地で、次々と感染者の報告が上がり始めています。
そりゃ〜そうだろうって思うのですが、なぜかマスコミは「どこから感染したのでしょう?」などとすっとぼけた話をします。

武漢からの帰国者を乗せた飛行機が到着すると、その中で何人感染しているか躍起になる。
そしてクルーズ船で感染者が出た事がわかると、今度はクルーズ船ばかりを取り上げる。
マスコミの皆さんお忘れですか?
初めての日本人感染者は、中国武漢からの観光客を乗せたバスの運転手です。
そして奈良県在住です。

その時点で感染者が出ているということは、すでに日本中にコロナウイルスが広がっているという事です。
クルーズ船の乗客が何人感染したのかなんて、もうどうでも良い話です。
すでに市中感染の段階に入っていると思います。

これだけ騒いでいても、どこか他人事のような人が多いのかな?
自分の身近で感染が広がって、初めて危機感を覚えるのかも知れません。
その時では遅い、常にそこら中にウイルスが蔓延していると思って生活しないと。

今日、奄美の母から電話があった。
「コロナウイルスは大丈夫か?」と心配していたので、「もうそこら中にウイルスが飛んでいると思って生活している」と答えた。
すると、母から信じられない言葉が。
「まだ奄美には来ていないから、奄美は大丈夫。」

やっぱり危機意識が薄い。
きっとテレビのニュースを見て、感染者が出たところは大変だけど、奄美ではまだ感染者が出ていないから安心だと思っているのでしょう。
そうじゃなくて、もうどこにウイルスが潜んでいてもおかしくない状況になっている。
その意識で生活をしないと、本当にウイルスに接触した時に、防ぎきれない。

母親に消毒液など用意しているか聞いた。
マスクはあるけど、消毒の類は何も無いらしい。
そこで、薬局で売っているアルコール除菌シートを買うように伝えた。
いや、ほんと無防備です。
昔の人間ですからね。テレビで言っている事が全てだと思っている。

もう武漢肺炎(コロナウイルス)は、そこら中に存在しています。
外から帰ったら、必ず手を消毒、そしてうがいを忘れずに。
外出時にはマスクを着用。
マスクでウイルスは防げませんが、もし自分が感染していたら、誰かにうつすリスクを下げられます。

これ以上の広がりを防ぐためにも、個人レベルでの水際対策が必要です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。