2020年01月17日

阪神淡路大震災から25年

200117.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から-今も当時の記憶が鮮明に残っている-】

阪神淡路大震災から今日で25年です。
もう25年になるのですね。
遠い昔のようにも、つい最近のようにも思える。

あの当時、私はまだ独身。
でも、嫁さんと一緒に暮らしていました。
明け方、嫁さんはちょうど夜勤で病院。
一人寝ていた時に、地鳴りで目が覚めました。

その直後に大きく揺れた。
天井の電気が、右に左に揺れるのを、ただただ見ていた記憶があります。
人間とっさの時は動けないものですね。

その後に見たテレビニュースでは、我が目を疑いました。
横倒しいなった高速道路。
崩れ落ちたビル。
火災により煙が立ち込める神戸の街。

まるで映画でも見ているような映像でした。
ゴジラが街を襲って、めちゃくちゃにしてしまったような映像。
とても現実に起きている事とは思えませんでした。

今ではすっかり復旧した神戸の街。
とてもあの震災があった街とは思えない。
でも、25年前、確かにそこには大きな地震があり、大勢の人が犠牲になった。

当時生まれた子供が、すでに成人になり、社会人として働いている。
震災を知らない世代が、どんどんと増えていきます。
人間は体験していないことを想像することは難しい。
私たちが戦争を知らないように、震災を知らない人には、想像することは難しい。

それでも、やはり震災の記憶を薄れさせてはならないと思う。
震災のことを、少しでも伝えていく。
それが防災にもつながるのだと思う。

阪神淡路大震災以降も、東日本大震災を筆頭に大きな震災が起きている。
私たちは自然豊かな日本という国に生まれ育っている。
自然豊かだと言うことは、裏を返せば自然の脅威と背中合わせです。
いつ大きな震災が、どこで起きてもおかしくない。

起きて欲しくはない震災。
しかし、いつどこで起きるかわからない。
そのことを胸に刻んで、日々の生活を送らなくてはいけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:59 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。