2019年12月14日

思わず犬が欲しくなる

191214.jpg

寒い冬の夜は、やはり鍋が美味しいですね。
今夜はあんこう鍋をいただきました。
ゼラチンたっぷりのアンコウの身と、やっぱりあん肝が最高です。
家族4人で食べたので、あん肝はちょっとだけでした(^^;)

晩御飯の鍋を食べながら、テレビを見ていた。
志村どうぶつ園が映っていました。
ちょうど剣道の稽古帰り車の中で、番組がスタートして、最初の方は車の中で見ていました。

今回は動物との心がわかるというハイジさんが来日していて、いろんな犬たちの心の声を代弁していました。
最初の犬は、なぜか相撲の取り組みを見ると大興奮する犬。
本当に相撲が始まると、画面に走って行って、ワンワン吠えながらジャンプします。
車の中で次女と見ていましたが、その可笑しさに大笑いして見ていました。

ちょうど家に着く頃に、そのワンちゃんがなぜ興奮しているのか、ハイジさんが説明していました。
どうもそのワンちゃんは、お相撲さんを人間とは感じていなくて、別の大きな生き物だと感じているらしい。
そして取り組みが、犬のケンカと似ていて、戦う姿を見て興奮しているようです。

晩御飯を食べながら見ていたワンちゃんは、どちらも感動的なワンちゃんでした。
まずは、散歩中になぜか子猫を見つけ出すワンちゃん。
子猫が捨てられているのを察知して、飼い主を子猫のところまで連れて行くらしい。

これまでに保護した子猫が17匹。
ハイジさんがワンちゃんの心を読み取ると、自分自身が捨てられたワンちゃんであったことが判明。
自分自身が捨てられて、寂しい思いをしてきたから、捨てられた子猫を探すようになった。
何とも慈悲深いワンちゃんでした。

そしてもう一匹は、亡くなった飼い主の仏壇に座り続けるワンちゃん。
5年前に16歳で亡くなった飼い主の、仏壇の前でほぼ1日を過ごすワンちゃん。
飼い主の男性は、バイトに出かけた時に、交通事故で帰らぬ人となった。
ご主人の仏壇の前で泣き崩れるご両親。

ご主人様が戻ってこないことと、泣き崩れるご両親の姿を見て、ワンちゃんもご主人様が戻ってこない事を悟った。
そして、仏壇の前で座り続ける理由がハイジさんの口から明かされる。
それは、お母さんが仏壇の前で泣き続けていた時に、ふとワンちゃんがお母さんの横に座った。
その時、ほんの少しだけ、お母さんの表情が和らいだ。

それから自分がそこに座れば、お母さんは少しだけだけど、笑顔になれる。
だからそこに座り続けている。
そして何よりも、仏壇には亡きご主人様の写真がある。

ハイジさんがどこまで動物の心を読み取っているのか?
本当にそれが真実なのか?それはわからない。
でも、それぞれのワンちゃんたちの飼い主さんは、ハイジさんの口から説明される、ワンちゃんの気持ちに納得し、涙を流す。
そして何よりも、ワンちゃんたちの表情が、何かを物語っている。

こういうのを見ると、たまらなくワンちゃんが愛おしくなる。
飼い主とワンちゃんが、本当に心で繋がっているのがわかる。
犬って本当に飼い主に従順な生き物ですよね。

私も動物大好きなので、こんな番組見ると、ワンちゃんとか欲しくなる。
でも、とても愛情を注ぎ込んでやることが、今はできない。
だから、子育ても終わって、本当に自分の時間が持てるようになったら考えたい。

いや〜やっぱりワンちゃんって愛おしい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:54 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。