2019年12月12日

鬼滅の刃が来ている

191212.jpg

ようやくクリスマスツリーを出しました。
喜んで飾り付けをする次女。
流石に長女は興味なく、さっさと自分の部屋へ(笑)

次女も喜んで飾り付けするのも、あと2〜3年かな。
その後は私一人でやるようになるのかも。

飾り付けを終えて、いざ点灯。
光ファイバーが点くツリーなので、コンセントに差し込みスイッチをオン。
ところが光らない。モーターは回っている音がするのに光ません。
どうやら中のライトが切れたようです。

仕方ないので、光らないままのツリーを飾りました。
やっぱり今年のクリスマスは盛り上がらない(笑)

そんなクリスマスですが、次女だけは盛り上がっています。
次女のサンタさんへのお願いは、コロコロと変わっていました。
最終的に落ち着いたのが、漫画です。
それも、今娘たちがハマっている「鬼滅の刃」の漫画。

この鬼滅の刃、かなり話題になっているようですね。
特に若い女性がハマる傾向にあるんだとか。
確かに我が家の娘たちもハマっているし、長女の同級生たちもハマっているようです。

私の中では、もうブームが過ぎ去った感じなんですよね。
と言うのも、アマゾンプライムで最初から見ていた。
4月ごろから見ていて、シーズン1は終了したので、気持ち的には落ち着いた。

元々は少年ジャンプ連載から始まった鬼滅の刃。
最初はあまり評判良くなかったみたいです。
ところがアニメ化されてから、一気に火が付いた。
まぁ私もアニメでハマったわけで。

しかし私がハマったのは、ストーリーの面白さや、登場人物のキャラクターの面白さ。
でも若い女性がハマっているのは、登場人物のキャラクターの推しらしい。
主人公は竈門炭治郎ですが、サブキャラとして我妻善逸と嘴平伊之助がいるが、この3人が正確バラバラ。
竈門炭治郎はとにかく真面目で優しい。
我妻善逸は気が弱くて女好き。でもいざとなったら強い。
嘴平伊之助はイノシシの面を被っているだけあって、猪突猛進タイプ。でも実は美男子。

他にも鬼殺隊のトップである柱にも様々なキャラクターがいる。
娘たちが気に入っているのが、水柱の冨岡義勇と蟲柱の胡蝶しのぶ。
炎柱の煉獄 杏寿郎や岩柱の悲鳴嶼 行冥など、9人の柱がいる。

若い女性としては、自分の推しのキャラクターにハマっているようです。
次女はどうやら水柱の冨岡義勇が推しのよう(笑)
長女はよくわかりません。
来年には映画化も決まっていて、次女は早くも映画を観に行く話を、同級生たちとしているらしい。

鬼滅の刃旋風はまだまだ続きそうですね。
プライムビデオではシーズン1が終わったので、あとは漫画で読むとしますか。
漫画の方は、娘たちが手に入れているので、そっちを読ませてもらおう(笑)

まだ鬼滅の刃を知らない方。
一度読むか、アマゾンプライムなどの配信でアニメを見るか。
きっとハマると思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。