2019年12月08日

一応3位の次女

191208.jpg
【頑張った勝ち抜き戦】

今日は他道場での稽古&試合の日でした。
いつもの日曜日よりも早く家を出て、お世話になる道場へと向かいました。
長女だけは別行動。

長女も稽古に連れて行く予定でした。
しかし、今日は部活の方で行事がありました。
それは奈良マラソンの応援演奏。

毎年12月の第2日曜日は、奈良マラソンが行われます。
その奈良マラソンの折り返し地点が、私たちの市なのです。
奈良市でスタートして、そのまま南下。
私たちの市で折り返して、再び奈良市へ戻って行く。
折り返し地点で、応援の演奏があり、長女は吹奏楽部なので、そちらに行きました。

次女は他道場での稽古に参加して、稽古後の勝ち抜き戦に参加。
低学年と高学年に分かれて、勝ち抜き1本戦を行います。
次女は3年生なので、低学年の部。

昨年も一昨年も参加しています。
昨年は、惜しくも1回目で負けて、ずっと悔し泣きをしていました。
今年は3年生なので、少し有利か?と思ったら、ほとんどが3年生でした(笑)

長女は6〜7番目。
それまでの間、ずっと勝ち続けた女の子がいました。
いよいよ次女の番。

結果は次女が面を決めて勝利。
次は次女が続けて試合をする事になる。
次の対戦相手には、返し胴を決めて勝利。

しかし次の相手で、何故か簡単に面を決められて敗れてしまった。
あまりにも簡単に面を打たれたので、私はてっきり油断したのだと思った。
しかし後で次女に聞いたら「返し胴を打とうと思ったら面を決められた」とのこと。

返し胴とは、相手が面を打ってきたところを、竹刀で受けてそのまま胴を射抜く技。
一つ前の対戦相手には、その技で勝ったので、次も狙ったのだろう。
しかし、思いの外、相手の面が早く決まった。

あえなく2人抜きで終わり、戻ってくる次女。
また悔し泣きしているかと思ったが、今回はケロっとしていました。
ただ残念なのは、勝っていたら次の相手が、次女がずっと戦いたかった女の子。
その道場の先生の娘さんで、これまでも何度か合同稽古で一緒になっている。

そして結果はその先生の娘さんが優勝した。
準優勝は、次女が最初に破った女の子。
この二人がずっと勝ち続けていた。
続けて3位で呼ばれたのは次女。

優勝・準優勝以外の選手は、全員1回勝利もしくは1回も勝っていない。
次に勝ったのが2人抜きの次女だった(笑)
なんとなく棚から牡丹餅みたいな3位でしたが、それでも一応3位です(^^;)
まぁ、今回の試合内容は悪くなかったし、3位を祝ってあげましょう。
ただ、本当にあの負け方が残念です。

本人は3位になったので、何かご褒美が欲しかったようで、晩御飯は本人の希望でステーキガストへ。
しっかりステーキを食べて満足していました。

今回は、上級生勝ち抜き戦でも、我が道場から6年生の女の子が準優勝。
そしてその後行われた道場別対抗戦。
小学生と中学生、そして一般の3人制による試合。
こちらで、なんと優勝を果勝ち取りました。

また次の試合に向けて、みんな頑張って欲しいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。