2019年11月25日

SNSと子供の関わり方

191125.jpg

月曜日の朝、最後まで寝ていたのは次女。
普通なら「学校遅刻するぞ」ですが、今日は学校お休み。
先週の土曜参観の代休日です。

半日だったんだから、別に休みにしなくても良いのに。
きっとこれが大半の保護者の心の声です(笑)

休みで午前中は家でゴロゴロしていました。
しかし午後からはやはりお友達と遊んでいました。
それも我が家の駐車場の車の前で。

最近の次女とお友達のブームなのか?
我が家の車の前で、段ボールを敷いて、おままごとをしています。
3人で何やら楽しそうに遊んでいる。
おままごとのようだが、実際にはおままごとかわからない。
何れにしても楽しそうなのは伝わってくる。

家の中でテレビ見たり、ゲームで遊ぶよりは健康的で良いですね。
しかし、これから先、寒くなってきたらちょっと厳しいかも。

TVでは、大阪の小学6年生が行方不明になり、無事帰ってきたニュースが流れている。
何はともあれ無事に親元に帰ってこれた事は良かった。
しかし、今回の事件、単なる誘拐事件と片付けてはいけない。

小学6年生がスマホを持ち、SNSを使っていた事。
そのSNSで誘い出されて、そのままついて行ってしまった。
誘拐と言うよりは、自ら行動を起こしている。

そして犯人のところには、別に15歳の女の子もいた。
この女の子は、どちらかと言うと家出。
自ら家を出て、犯人のところに流れ着いた感が強い。
半年もの間、見つからなかったのは、自ら隠れていたからに他ならない。

今回の事件。
これまでの誘拐事件とは明らかに異なる。
15歳の少女しかり、12歳の少女しかり。
あまりにも行動が軽い。

そして犯人も、本当に軽い気持ちで誘っていたのではないか。
SNSの中で現実とネットの世界が曖昧になり、本当に軽い気持ちで行動に出ているのではないか。
そうでなければ、大阪から栃木まで付いて行く理由がわからない。

連れ出した犯人が確実に悪い。
しかし付いていった12歳の少女にも非がある。
それを許してしまった親にも責任がある。

最近は小学生のうちからスマホを持っている子も多い。
SNSの使い方、危険性、ネットの持つ特異性。
早いうちから子供に教えることが必要なのかも知れません。

我が家の駐車場で無邪気に遊ぶ次女とお友達。
まだスマホなど持っていませんが、早ければ数年の内に持つ可能性がある。
しっかりとスマホの便利さと危険性を、教えて行かないといけない時代なんだなと思いました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。