2019年11月23日

おはぎ食べたかった(^^;)

191123.jpg

今日は土曜日でしたが、次女は学校。
「親子ふれあい会」と言う土曜参観の日で、いつも通りの時間に登校しました。
続いて家を出たのは嫁さん。

今日の授業参観は、いつもは平日で参観に来れないお父さんがメイン。
2時限目にクラスの授業参観をして、その後一緒に親子体験をする。
体験は10種類ほどあって、バルーンアート体験や、手品、英語、木工工作などなど。

第1希望から第3希望まで、事前に何をやりたいかアンケートを取って、人数を割り当てます。
授業参観が終わったら、それぞれの体験教室に親子で移動する。
我が家はいつもの授業参観は私が行くので、今日は嫁さんが授業参観に行き、その後の体験も親子で行いました。

次女が選んだ体験は、「伝統料理」。
昨年はバルーンアートとかだったので、渋い選択にビックリ。

嫁さんが家を出た30分後には私も学校に向かいました。
今日は親子ふれあい会に合わせて、学校評議員も行われた。
ふれあい会の様子を、評議員に見てもらうのが目的。

私は学校評議員であるので、その時間に合わせて学校へ。
校長先生の案内で、他の評議員の方々と、様々な体験教室を見て回りました。
最後から二番目に、次女のいる伝統料理教室を行なっている家庭科室へ。

大勢の参加者の奥の方に、嫁さんと次女がいました。
最後の方に回って来たので、もう料理は出来上がった後でした。
おはぎときな粉のおはぎを作ったようで、良い匂いが教室に広がっていた。

しばらくすると、次女が私を見つけて手を振って来た。
そして嫁さんにも私がいる事を教えていた。

その後、校長室に戻り、学校の事について、色々と話をしました。
この学校評議員の制度は、今年度で終わりです。
来年度からは、いよいよコミュニティスクールになります。
これからは学校だけでなく、学校と保護者と地域と、三位一体で学校運営をしていかなければなりません。

今日の親子ふれあい会は、とても和気藹々としていました。
しかし、学校には学校の問題や悩みがあります。
それを、学校だけで抱え込むのではなく、保護者と地域と連携していく。
最初は手探り状態だと思いますが、私にできる範囲のことを頑張りたいと思います。

美味しそうな匂いのしていたおはぎ。
持って帰って来るのかと思ったら、全部食べて帰って来たようです。
体験教室で調理を習った次女。
これからは「私がご飯作る」なんて言い出しそうです。

少しずつでも、やれることを手伝ってもらいましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:30 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。