2019年11月15日

経営統合は+になるか?

191115.jpg

先日のニュースでYahooとLINEが経営統合とあったが、正直私はどっちも使っていないのであまり関係ない。
しかし、中にはこのニュースを複雑な気持ちで聞いていた人も多いと思う。
Yahooはともかく、LINEはかなりの人が利用している。
私は利用していないが、「LINEをしていない」と言うと決まって「なんで?」と聞かれます。
それくらいLINEの普及率は高い。

私がLINEをしない理由は、このブログを読んでいる人はご存知のはず。
何もLINEがなくても困ることは無いし、わざわざ使いたいとも思わない。
そこまでいろんな人と繋がっていたいとも思わないし。

話を経営統合に戻します(^^;)
Yahooと言えば大元はSoftBankです。
そのSoftBankは、先日大赤字の決算発表をしました。
そしてLINEも赤字だと聞きます。

つまりはお互い赤字の者同士でくっついたってことですね。
なんか銀行が経営不振で、どんどんくっついて大きくなったのに似ています。
大丈夫なんでしょうかね?

私がLINEを使わない理由の一つが、母体が韓国企業であること。
しかしさらにSoftBankは怖いと思っています。
なぜなら中国のアリババと繋がっているから。
情報がダダ漏れでは無いか?と疑ってしまう。

YahooとLINEが業務提携すれば、個人情報をごっそり中国に持っていかれる可能性もゼロでは無い。
「そんなこと言ったらiPhoneだってアメリカに情報もってかれてるじゃ」って思う人もいるでしょう。
しかし、アメリカは民主主義国家です。
中国は中国共産党の一党独裁国家です。
そしてiPhoneのAppleは、個人情報を国家に売ったりはしません。
GAFA(Google・Amazon・Facebook・Apple)の中で、最もプライバシーに真剣なのがAppleです。

アメリカ企業と中国企業、どちらが信用できますか?ってことですよね。
最も信用できるのは、日本企業に他ならない。
日本企業の中でも、最近は信用できない企業もありますけど、中国企業とは比較になりません。
中国企業のバックには、必ず中国共産党がいるのです。
そんな中国企業と連携しているSoftBankは、とても信用できないと言うのが私の考え。

「考えすぎだ」とか「ちゃんとやってる」と言う意見もあるでしょう。
これはあくまでも私個人の見解ですので、賛同を求める訳ではありません。
事実として言っているのではなく、あくまでも懸念としての話です。

SoftBankは孫正義氏の独裁企業です。
孫氏の考え一つで動いています。
それがプラスになる時もある。
しかし道を誤れば危ういです。

Appleも独裁企業でした。
そうスティーブ・ジョブズが在りし日の頃は。
独裁的なやり方で、次々と新しい商品を生み出していった。
逆に言えば、独裁的だったから成功した。

同じ独裁的ですが、果たしてどうなるのでしょうね。
大赤字からLINEと提携してV字回復できるのか?
それとも共に沈んでいくのか。

ところでPayPayとLINEPayはどうなるの?
もしかしてLINEPayPayPayとか(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:23 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。