2019年10月07日

日本が変わらなければ世界は変わらない

191007.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

盗人が攻撃して来る。
まさにそんなイメージですね。

北朝鮮の漁船が、日本の排他的水域内で、勝手に商業をしている問題。
大和堆と呼ばれる、豊富な漁場で違法操業を繰り返している。
もう数年前から問題となっている。

これまでも日本は、海上保安庁が巡視して、北朝鮮の船を追っ払っているが、イタチごっこ。
そして今回、北朝鮮の船が、水産庁の船に突っ込んできた。
北朝鮮の漁船は沈没し、日本側が救助活動。

一体いつまでこんな馬鹿げたことを続けるのだろう。
そもそもなんで日本にやって来るのか?
北朝鮮の沿岸は、その漁業権を中国に売ったと言われている。
外貨獲得のために、自分たちの海を、中国に売ってしまった。

そうなれば、漁民は自分たちの海で操業はできない。
ロシアの方に出て行きば、即座に拿捕される。
それなら、見つかっても注意されて追い返されるだけの日本に来る。

簡単な話が・舐められきっているのです。
今回も日本が船を沈めたのでは無くて、向こうからぶつかって来て沈んだ。
でも、見本側はご丁寧に救助活動をして、わざわざ逃している。
そりゃ〜何度でもやって来ます。

何度も同じことをつぶやいてるけど、やはり憲法改正しか無い。
日本にはどんな事したって、攻撃は絶対にして来ない。
それをわかっているから、北朝鮮の漁船はやって来る。
そして拉致被害者も返さない。

ロシアも北方領土を返さないし、韓国も竹島を占拠したまま。
中国も尖閣諸島を狙い、沖縄までも手にしようとしている。
憲法改正して、いつでも日本が攻撃を仕掛けて来るとなれば、相手の態度は激変します。

憲法9条があるから、平和が保たれていると、本気で思っている人たちに言いたい。
日本は平和では無い。
日本国民は拉致され、今だに取り戻せない。
北方領土・竹島を奪われたまま。
さらに尖閣諸島や沖縄まで奪われようとしている。

むしろ憲法9条のおかげで、日本は侵略され続けている。
憲法9条が素晴らしいと言うのなら、むしろそれを周辺諸国に勧めてください。
日本だけが非武装したって、周辺諸国の思うツボです。

野党は相変わらず、憲法改正の議論すら避けている。
やるべきことをやらないで、森友問題や加計学園問題ばかりを続けて来た。
本当に危機的状況にあるのに、全くそれを見ようとしない。
マスコミも同様。

そろそろ「憲法改正したら戦争になる」とか「日本は戦争をした悪い国」と言う、間違った思い込みを捨て去らないといけません。
いくら日本が紳士的に対応したところで、ロシア・北朝鮮・韓国・中国は、横柄な態度でつけ込んでくるだけです。
もう、嫌と言うほどにそれを見せつけられて来た。

日本が変わらないと、この状況は変わらない。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。