2019年09月26日

ポスト安倍は誰に!?

190926.jpg

久しぶりに政治の話題を。

「安倍一強」と言われて久しい。
気がつけば安倍政権も、もう6年近く続いている。
それまでは1年単位で総理大臣が変わっていた。

そもそも、その1年単位で変わっていた最初の総理が安倍総理だったんですけどね(笑)
安倍総理〜福田総理〜麻生総理〜鳩山総理〜菅総理〜野田総理そして再び安倍総理。
長期政権となっているわけだが、もうしばらく安倍政権は続くでしょうね。
2022年で総裁任期が終わるけど、また自民党内で変更して再選しそうな気がする。

だって代わりがいないんだもの。
ポスト安倍と呼ばれる人たちが、なかなか芽が出てこない。
テレビでは相変わらず、総理候補には小泉進次郎氏の名前。
次は石破氏の名前。

単なる人気取りだけの名前で、総理候補なんて無理です。
石破氏は安倍総理に負け続けて、さらに安倍政権批判を続けた事で、完全に自民党内での支持を失いました。
それでもテレビでは総理候補として持ち上げていますけどね。

小泉氏は大臣になった事で、逆に総理候補から遠のいた気がします。
残念ながら、これまでの実績は無く、人気だけで大臣になったようなもの。
そして大臣になったら、どんな事でも槍玉に上がる。

先日の環境問題の「セクシー発言」も、まさかこんなに話題になるとは思っていなかったでしょう。
良い意味でも悪い意味でも、常に注目されている人ですからね。
これまではなんの責任も無かったので、好き放題発言していたが、大臣となったからには一言一言に責任が伴います。
下手な事を話すと、それが批判の対象になり、人気に陰りが見えてくるかも知れません。

逆に言えば、ここでしっかりと大臣としての実績を残せたら、本当に総理候補に大きく近づきます。
まぁでも難しいだろうな。
私はここで一度、思い切り叩かれた方が良い気がしています。
人間一度くらいは失敗して、とことん落ちて、そこから這い上がってこなければ、強いリーダーシップは発揮出来ません。

安倍総理も、第一次安倍政権で失敗し、とことん落ちてそこから這い上がってきた。
だからこそ強いリーダーシップを発揮出来ている。
野党から言わせたら「独裁」らしいけど(笑)

安倍一強になってしまったのも、野党がだらしないからです。
私も安倍政権の政策に、全て賛成ではありません。
消費税10%は、今でも大反対。
他にも細かな点で、納得いかないところもあります。
もっと野党がしっかりして、ちゃんと対抗策を打ち出して、真面目に仕事してたら・・・。
おっと、野党批判に話が脱線しそうになりました。

小泉氏が本当の意味で、ポスト安倍になるには、まだまだ経験が必要です。
たくさんの実績を積んで、痛い思いもたくさんして、人の心の痛みをわかるようになってから。
最低でもあと10年くらいは、頑張らないといけないでしょう。

今までのように、テレビにチヤホヤされている内は、総理大臣は無理ですね。
私たち有権者も、テレビでチヤホヤされる政治家でなく、ちゃんと仕事をして頑張っている政治家を選びましょう。
それが日本のためです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:38 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。