2019年09月02日

第二の天安門事件になりかねない

190902.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

韓国はますますおかしくなっていますが、中国も風向きが怪しくなって来ましたね。
香港でデモが拡大化しています。
それに対して、警察も武力化し始めている。

バックには確実に中国共産党がいる。
それをわかっているからこそ、デモの人数が増えているのでしょう。
香港の方々は自らのことを「香港人」と言う。
決して中国人とは言わない。

100年もの間、イギリス領として経済発展をして来た香港。
そこで生まれ育った人々は、中国共産党の支配には、絶対にNOを突きつける。
しかし、残念ながら、行政は中国共産党に飲み込まれている。

このまま何も抵抗しなければ、あっという間に中国化されてしまうでしょう。
そうなれば、政府批判も出来ないし、自由な行動はできなくなる。
全ては中国共産党の指示通り。
そんな未来を迎えたくないから、必死の抵抗を見せている。

このままデモが続いて、ますます肥大化すれば、第二の天安門事件になりかねない。
天安門事件は、もう30年前の出来事になる。
当時、民主化を求めた学生を中心としたデモ隊が、天安門広場を埋め尽くした。
普通の市民や学生などの若者たち。

そこへ軍隊が鎮圧に入った。
武器も何も持たない、若者に対して、戦車で突っ込んでいく軍隊。
多数の若者が犠牲になり、自国民に対して武力行使をした中国は、世界中から批判を受けた。

しかし中国共産党自身は、この天安門事件を歴史から葬り去ろうとしている。
中国では「天安門事件」でネット検索をしても、何もヒットしないらしい。
完全にインターネットも監視していて、真実が得られないのが中国なのです。
だからこそ、香港の人々も、中国本土に飲まれることを嫌っている。

今回のデモは、天安門事件の時とよく似ていると言われている。
自由を勝ち取るために、デモに参加したのは、多くの若者だった。
今回も若者が中心となり、今日は中高生が授業をボイコットして、デモに参加したようです。

このまま何もしなければ、本当に中国共産党の支配下に置かれ、自由は奪われてしまう。
そんな危機感がヒシヒシと伝わって来るのでしょうね。
中国本土と違って、香港は自由で、情報も入る。

もし天安門事件と同様のことが起きてしまったら、中国は隠すことは出来ません。
天安門事件の時とは違い、今はネットが普及して、みんながスマホを持ち、SNSで瞬時に世界に配信します。
どんなに中国共産党が、事実を隠そうとしても、それはもはや不可能な事です。

崩れゆく韓国。
そして揺れ動く香港&中国。
それを横目に何かを企んでいるのが、北朝鮮やロシアでしょう。

世界情勢が大きく変わろうとしています。
日本も変わらなければいけません。
自国は自国民で護る。
その強い意思表示が必要になって来ます。

しばらく韓国や中国から目が離せませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。