2019年09月01日

AED講習会を受講して

190901.jpg

今日は初めての体験をして来ました。
それは胸骨圧迫(心臓マッサージ)&AED体験。
いつも剣道で使わせていただいている学校の、施設開放委員会が主催して、消防署の方に来ていただきました。

これまで体育館にAEDが設置されていなかったのですが、今年度になってから、設置されました。
それは昨年の秋に稽古中に先生が倒れたことがきっかけになっています。
昨年の11月、稽古中に年配の先生が突然倒れました。

もともと心臓に病を抱えていて、心停止してしまったのです。
急いで他の先生が胸骨圧迫(心臓マッサージ)を始めました。
私は消防へ119番通報。

電話口で「AEDがあると思うので探してください」と言われましたが、体育館を見渡してもAEDは無い。
結局、学校のガラスをぶち破り、学校の中のAEDを他の若い先生が取って来てくれました。
倒れてからAEDを持ってくるまで、おそらく10分以上かかったと思います。

残念ながら倒れた先生を救うことは出来ませんでした。
その後、施設開放委員会の方でも、話をしていただき、私も市PTAやお知り合いの教育委員の方に相談させていただいたり。
いろんなところで、この話をして、なんとか体育館にAEDをつけてもらえないものかと考えていました。

私ごときの話ではなく、きっといろんなところから話があったのだと思います。
今年度に入って、体育館の更衣室の中に、AEDを設置していただきました。

しかし、AEDがあっても、それを使えなくては意味がない。
そしてAEDだけではダメで、やはり胸骨圧迫(心臓マッサージ)と人工呼吸が最も大切とのこと。
そこで、今回の講習が催されることになり、私を含め剣道から数人が参加。
他のクラブからも参加者がおり、全員で20名程度の参加者でした。

私も含め初めての参加の方が多く、慣れない手つきで胸骨圧迫の練習をしました。
そしてAEDの音声指示に従って、操作を行う。
初めて胸骨圧迫(心臓マッサージ)をやってみましたが、とても力がいる。
果たして実際に必要となった時に、今回のようにできるかわからないけど、知らないよりは知っている方が良い。

とても参考になる講習会で、一通り心肺蘇生の手順を学びました。
でも、本当にその場に居合わせたら、できるのか?という不安はあります。
知らないよりは知っている方が良いし、もし下手でも胸骨圧迫(心臓マッサージ)をやって助けることができれば幸い。
そんな場面に出くわさない方が良いけど、昨年の出来事があっただけに、やはり自分にできるのなら知っておきたい。

できれば1年に一度くらいは、講習を受けた方が良いとのこと。
きっと来年も講習があると思うので、その時はまた受けたいと思う。

胸骨圧迫(心臓マッサージ)やAEDを使うことがない方が良い。
でも、そんな場面に自分が立ち会った時、できる範囲のことは出来た方が良い。
そんな思いで本日の講習を終えました。

皆さんも、ぜひ講習を受けるチャンスがあれば、受けていただきたいと思います。
何も知らず何も出来ず、救うことが出来ずに悔しい思いをするよりは、少しでもできることがあって、そのことにより命を救うことが出来たらと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:23 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。