2019年08月28日

またもや豪雨被害

190828.jpg
【写真は産経ニュースWeb版より】

また豪雨被害が出ています。
北九州での豪雨。
各地で氾濫が起き、街が浸水してしまいました。

テレビでは朝から避難を呼びかけていましたが、それでも犠牲者が出てしまいました。
なかなか自分の身に危険が迫っている事を、自覚するのは難しいのでしょうね。
私ももし自分の身に同じことが起きて、早々に避難できるか?と問われてもわかりません。

自分の身は自分で守る。
わかっていても、非難すべきかどうかを、なかなか判断出来ないのだと思います。
そして豪雨が始まってからでは、逆に避難は危なくなる。
避難するのならば、雨が降り出す前。
豪雨になってしまったら、家の中で安全な場所を選んで待機する。

先月の末に、奈良県でも豪雨があり、大雨洪水警報が発令されました。
幸い短時間で雨が収まったので、被害は起きませんでした。
しかし、もし後30分豪雨が続いていたら、もしかすると近くの川が氾濫していたかも知れません。

学校に行く用事があり、車で川の近くを通りましたが、川の水が茶色く濁り、あと1〜2mのところまで水位が上がっていました。
「このまま雨が続いたらヤバイ」と瞬時に思いました。
幸いにして雨が収まってくれたので良かったけど、もしあのまま雨が続いていたら、私も巻き込まれていたかも知れない。

ここ数年、毎年のように豪雨による水害が起きています。
災害が起きる事に、私たちも慣れてしまっている感がある。
テレビ越しに見る災害の様子は、やはりどこか他人事に写ってしまう。
自分の身にいつ降りかかるかわからない。

今週は雨が多い予報になっています。
明日も明後日も、傘マークが付いています。
そしてこれからは台風シーズン。
いつ大雨になるかわかりません。

常に天気予報を確認しながら、注意しなくてはいけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:51 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。