2019年04月15日

地方選挙戦第二弾スタート

190415.jpg

昨日から選挙戦第二弾がスタートしました。
地方の市町村議会選挙のスタートです。
昨日は出かけていたので、そんなに気になりませんでしたが、今日は何度も選挙カーが周辺を走っていました。

私が仕事で関わった候補者も、あちこちで選挙活動しているわけですね。
仕事の内容は様々ですが、6名ほどお仕事に関わらせていただいています。
是非、全員の当選を祈ります。

しかし、選挙の仕事をさせていただいておいて、こう言うのもなんですが・・・。
この選挙制度ってどうなの?と思う。
私は選挙前から仕事をしているので、選挙モードになっている。
でも一般の人は、突然ボードにポスターが貼られて、突然選挙カーがけたたましく町内を走り回る。
そして1週間で、候補者を選ばなければならない。

自分が常日頃から応援している人がいれば別。
そうでない場合、1週間選挙カーでけたたましく名前を叫ばれても、その人がどんな人物か判断できない。
そんな状態で、選挙に行って投票しろってのが、そもそも無茶な話です。

昔の選挙ならそれで良かったのでしょう。
まだ町や村全体が家族のような繋がりがあった時代。
今でもそんな地域もあると思うが、市議会議員を選ぶって言っても、なかなか誰を選ぶのかは難しいと思う。
そうなってくると、結局は選挙に行かない選択肢が出てくるのでしょう。

そもそも、市議会議員の仕事の内容が、なかなか見えてこない。
そりゃ〜自分からネットなどで、その人のホームページや、議会のホームページなどを見れば、わかる場合もある。
しかし、たくさんの候補者の一人一人の情報なんて、誰も探しはしません。

たった1週間じゃなくて、もっと早くからいろんな情報を公開して欲しいですね。
そして、候補者の活動内容がわかる、選挙管理サイトみたいなものを作って欲しいです。
そうすれば誰がどんな活動をしたのか、比較できます。
新人ならば、それまでにどんな事をして来たのか?そしてこれからの想い。

大切な一票と言いながら、あまりにも選択肢が無さすぎる。
投票率が伸びないと言うならば、選挙に行きたくなるようなシステム作りが必要だと思います。
そして有権者も、もっと前向きにならなくてはいけません。
「どうせ投票したって変わらない」
そんな気持ちの人が多いのでしょう。

でも、最初から何もしなければ、何も変わりません。
私たち有権者の意識も変わらなければならないのだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:57 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。