2019年04月09日

一日遅れの誕生日祝いと父の命日

190409.jpg
【母に送ったフラワーアレンジメント】

1年前の4月9日は奄美に居た。
昨年は兄妹全員が奄美に集合していた。
それは、奄美に居る長女の掛け声で、全員集合したのでした。

8日が母の誕生日だったので、全員集まってお祝いしようという事になったのです。
私と大阪の姉は、一緒の飛行機で、弟は東京から飛行機で、7日に集まった。
8日が母の誕生日で、盛大に祝って、9日が父の命日だったので、家族で父を偲んだ。

あれからもう1年経ってのですね。
できる事なら、また奄美に帰って、母の誕生祝いと父の命日を送りたかった。
しかし、なかなかこの時期は帰れません。

昨日の母の誕生日には、電話でお祝いを伝えました。
欲しい物があればと思ったが、特に何も無いようで、おめでとうだけ伝えた。
物を贈っても、使うかわからないので、電話の後にネットで花を注文した。

すると本日夕方に、再び母から電話。
なんともう着いたらしい。
花好きなので、とても喜んでいました。

誕生日には間に合わなかったけど、一日後の父の命日と合わせて、花を愛でていただきたい。
父が他界したのは、もう15年前になります。
まだ息子が4歳でした。
長女や次女は、生まれてもいない。

あれから15年経ったのですね。
今でも昨日の事のように感じられます。

子供達にとっては、奄美のおばあちゃんは知っていても、奄美のおじいちゃんは知りません。
息子ですら、記憶に無いと思います。
まだ4歳でしたからね。

おじいちゃんの分まで、子供達にはおばあちゃんと接して欲しいと思います。
そうは言っても、実際に触れ合う事は出来ません。
私たちが奄美に家族で帰省できるのも、1〜2年に一度あれば良い方です。
奄美には昨年帰省しているので、今年は北海道に帰省する事になる。
故郷が北と南なので、帰省するだけで大変です。

母は昨日で89歳になりました。
来年は90歳になる。
父の分まで長生きしてもらって、孫達と思い出を作って欲しいです。
そしてできればひ孫まで。
そうなると、100歳を目標にしないといけませんね(笑)

人生100歳時代。
これからも元気で、長生きして欲しいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。