2019年03月11日

3.11から8年

190311.jpg

あの日から8年です。
未曾有の被害をもたらした東日本大震災。
いまだにあの時の衝撃は、忘れることが出来ません。

東日本は壊滅的な揺れでしたが、西日本は異様な揺れ方でした。
まるで大きな船にでも乗っているように、ゆっくり大きく揺れていた。
だから最初は地震だと気づかなかったんですよね。

その頃、体調がイマイチだったので、最初は自分が立ちくらみしているのかと思いました。
それも椅子に座った状態で。
だから何度も立ったり座ったりを繰り返した。

そのうち、ネットニュースで地震であることを知り、慌ててテレビを点けた。
テレビの画面から、流れてきたのは、押し寄せる津波。
ヘリコプターから撮影された映像には、沖合から大きな波が押し寄せて来る様子が映し出されていました。
そしてやがて、陸地へと到達すると、家や畑を海が飲み込んでいく。

その先には車が走っているのも見えていた。
とても現実とは思えない光景に、釘付けになっていたのを覚えています。

地震による被害、そこに大津波による被害。
さらには津波によって起きた原発事故。
東日本大震災が起きた直後は、本当に日本がどうなってしまうのか、とても不安になりました。

しかし、逆に被災者の方々に勇気付けられた気がしています。
家も流され、家族とも別れ離れになり、それでも必死に生きている姿は、私たちに生きることを教えてくれました。
どれだけ辛いか、どれだけ悲しいか、とても私たちには理解できない。
それでも自分が生き残ったことを、必死に考えながら生きている。

8年経った今でも、震災の傷跡は残っています。
そして被災者の心の傷は、一生消えません。
それでも、心の傷を抱えながら、共に生きている。

私たち人間は、自然と共に生きている。
そして自然は時として、凶暴になり牙を剝く。
最近はその牙の数が増えている。

災害は常に起きるもの。
そう考えて暮らしていかなければなりません。
日々忙しさに流されて、ついつい平穏無事な日が、当たり前になっています。

当たり前の日々に感謝して、明日からも生きていきましょう。
最後になりましたが、改めて犠牲になった方のご冥福と、遺族の方々にお悔やみ申し上げます。
そして、まだ行方の分からない方々の、1日も早い発見を祈ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:46 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。