2019年03月08日

古いMacが活躍中

190308.jpg

昨日つぶやいたDVD制作は、Final Cut Proでの編集を終えた。
ネットでムービーを確認してもらいOKとなったのです。
後はDVDに焼くだけ。

59名の子供がいるので、てっきり59枚だと思っていたが、兄弟もいるので世帯数分だった(^^;)
最終的には45枚ほど焼かなくてはならない。
それでも結構な枚数です。

さて、最後のDVDにする段階で問題が。
以前からここでもつぶやいているが、DVDを焼く前の段階のアプリが無いのです。
ずっとiDVDを使って来たのですが、OSを新しくしたために、ついにiDVDが使えなくなった。
いずれこうなる事は分かっていたんですけどね。

当初は代替のアプリを導入しようかと思っていました。
しかし、ふと思ったのです。
古いMacならiDVD動くから、古いMacで焼けば。

我が家には古いMacが2台ある。
ひとつはiMac。
2010年に購入して、一度HDDがぶっ飛んで、外付けHDDから起動するiMac。
今は使っておらず、息子がモニター代わりにしている。

まずはiMacを試そうとしたが、Bluetoothのキーボードが繋がらず断念。
次に古いMacBookを引っ張り出して来た。
MacBookG4です。
購入したのは・・・・なん年前だ(笑)

もうかれこれ15年くらい前の物です。
それでもまだ動いている。
流石に今のアプリは動かないし、バッテリーがいかれていて、常に電源コードを刺しておかないといけません。
買った当時は最新式で、めっちゃカッコいいと思っていました。
今見ると、とても分厚いですね(^^;)

そんなMacBookG4ですが、iDVDはちゃんと起動して、DVDも普通に焼けました。
結局新しいアプリは買わずに、このMacBookG4で作業を続行中。
断捨離続行中で、廃棄処分しようかと思っていたが、捨てなくて良かった(^^;)
勢いで断捨離してはいけませんね。

DVD制作も、年に1回です。
当分はこのMacBookG4を、DVD製造機として活用したいと思います。
でも、その内、iDVDに匹敵するようなアプリを見つけたら、購入も考える。
それまではMacBookG4頑張ってくれ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。