2019年02月21日

思いを伝えて行くために

190221.jpg

今夜はPTAの特別話し合いでした。
会長と副会長、そして次年度の会長と副会長。
そして生徒指導の先生を交えての話し合い。

実は昨年秋頃から、何度か話し合いをしている。
今回は次年度へとバトンタッチをするので、次の会長と副会長も出席してもらった。

昨年の4月にPTA会長を引き継いでから、半年はとにかく行事をこなす事で手一杯の感がありました。
そんな中でも、次の役員が困らないように、行事や会議の資料をFacebookとブログにアップして残してきた。
私自身が1年目に、右も左もわからない状態で、ただただ2年目の役員の動きを追うことしか出来なかった。

次の役員には、自ら動いてもらいたいとの思いから、備忘録として残しています。
私は何も引き継ぎされなかったのですが、私はこれを引き継ぎの資料としたいと思います。
行事関係に関しては、これを見てもらえれば、大筋内容がわかります。

前半はとにかく行事をこなしながら、備忘録を残して行きました。
しかし、後半は別の課題が見えて来た。
それはPTAがPTAとして機能していないこと。

本来PTAは保護者の代表です。
保護者の意見や要望は、PTAがまとめて学校と協議をする。
しかし、我が校のPTAにはそんな意識が無い。

私自身、1年目はとにかく付いて行くので必死。
会長になっても、行事をこなす事で頭は一杯だった。
しかし、秋頃からPTAの組織として働いていない事が見えて来た。

保護者の意見や要望は、直接学校に行ったり、先生に伝わったり。
その事を、PTA役員はおろか、会長である私も知らない。
本来のPTAは、保護者の代表として、より良い学校にするために、先生方と膝を付き合わすのが務め。
ところが、全くその機能を果たせていない。

今回は少し問題がある、分団の件から、PTAの本来の活動である点を進めて行きたいと思っている。
そのために、先生と話し合いを重ねて来た。
そして大方の道筋が見えて来たので、次年度の会長・副会長も入れて話し合いをしました。

PTA活動は、賛否両論ある。
保護者の負担が大きいと言う声もよく耳にする。
私自身、あまり良い印象は持っていなかった。

しかし、本来は子供達のために、より良い学校にするために協力するのがPTAの役目。
昔のように、時間の取れない保護者が多いと思うが、その中でもできる範囲の事を頑張れば良いと思う。
私自身その思いで、今日まで続けた来た。

あとひと月半で、その役目も終わる。
その前に、本来のPTA活動の意識を、次に伝えるのが最後の仕事だと思っています。
来週には次の1年目の役員が揃います。
その中から、再来年度の会長を選出する。

より良いPTA活動となり、より良い学校環境となるように、しっかりと思いを伝えて行きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:58 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。