2019年02月12日

打ち合わせ二つ

190212.jpg

今日は午前と午後、仕事の打ち合わせがありました。
1日に2回も打ち合わせする事は珍しいのですが、二日に分けて打ち合わせがあるよりは、一度に済ませた方がありがたいです。

私のようにフリーで仕事をしていると、打ち合わせの時間は、制作時間を削る事になります。
でも、打ち合わせをしないと、クライアントの意思は伝わりません。
制作時間は大事ですが、その前にクライアントの意思を掴むことは、もっと大事な事です。

午前中の打ち合わせは、葛城市のH印刷会社。
いつも仕事でお世話になっているO氏の印刷会社です。
しかし今回はO氏からの依頼ではなく、H印刷会社社長さんからの依頼。

そしてその社長さんも、同業者の社長さんから相談されて、私にデザインの依頼をされました。
印刷会社では、オペレーターはいてもデザイナーがいないところも多い。
そんな時は、やはりデザインを外注する。
私もいくつかの印刷会社さんから、仕事をいただいているのが現状です。

H印刷会社社長さんとは、なんどもお会いして、お仕事もさせて頂いています。
同業者の社長さんと、名刺交換をさせて頂くと、なんと昔私が働いていたY印刷会社と同じ町内。
私が昔Y印刷会社で働いていた事を話して、しばし話が盛り上がりました。

小一時間ほど打ち合わせ&談笑をして、来た道を戻って帰りました。
片道30分弱、往復1時間、打ち合わせに1時間。
これで午前中は終わりました(^^;)

続けて午後の打ち合わせ。
今度はすぐ隣町のお仕事。
知人から紹介して頂いたようで、お問い合わせが来て打ち合わせをする事になりました。

個人で習字教室をされている方で、ご自宅にお邪魔させて頂きました。
最初は私のところへ来られるような話でしたが、私が教室を見ておきたかったので、お邪魔させて頂きました。
これもクライアントの内容を把握する上で、とても必要な事です。
こちらでも打ち合わせ&談笑で、30〜40分ほどお話させて頂きました。

印刷会社に勤めていた頃は、営業が仕事を持ってきて、クライアントの意向を伝えます。
しかし、時にニュアンスが違ったり、全くの勘違いだったりとした事がありました。
印刷会社に勤めていた頃から、必要な時は、私も営業について行って、打ち合わせをした事もあります。

人はやはり顔を見て、相手の表情を見て、話をしないと伝わらない事が多い。
できる限り打ち合わせをした方が、仕事として方向性がつかめます。

とは言え、遠方だとそれも出来ない事もある。
現に絵本の挿絵などは、東京の出版会社とメールや電話、郵送などで仕事を進める。
担当者と一度も顔を合わさずに、仕事完了させています。

でも、本当は直接会って話す方が伝わりやすいですよね。
フリーランスという特性上、すべて自分でこなさなければならない。
創作する時間も、制作する時間も、そして打ち合わせの時間も、すべて大事です。

さて、ようやく選挙の仕事が落ち着いて来た頃に、再び仕事が舞い込んで来ました。
ちょっと緩んだ気持ちを、再び引き締めて頑張りますか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。