2019年02月02日

懐かしのポエム集

190202-1.jpg
【友人と作ったポエム集4部作】

190202-2.jpg
【第4部用に描いたイラストの原版】

暖かい一日でした。
土曜日ということもあり、我が家は朝からまったりモード。
しかし、私は仕事があったので、いつもよりはちょっと遅めの始動でしたが、仕事をスタート。
和菓子屋さんの和菓子撮影のため、撮影セットを広げて、和菓子の撮影をしました。

午前中で撮影を終えたら、午後からは部屋の片付け。
片付けと言うよりも、部屋の模様替えに近い。
ついでに断捨離も行った。

しかしながら、半日で終わるような量では無い。
明日も部屋の片付けしないと、とても終わりそうにありません。
ついでだから、クローゼットの中も断捨離したいと思います。

私の性格は、なかなか物が捨てれない。
「何かに使えそう」とか「まだ使えるな」と思うと、ついつい残してしまう。
そんな物が部屋には溢れているのです。

「いつか使いかも!?」と思っておいていた物は、ずっと使わずに忘れ去られている物ばかり。
これを機に、使わない物は、どんどん捨てて行こうと思います。

でも中にはやっぱり捨てられない物もあります。
そんな中の一つが、昔描いたイラスト。
もうかれこれ30年近く前に描いた物。

正確にはイラストと言うよりも、ポエム集なのです。
昔、友人が詩を書いて、そこに私がイラストを添えたポエム集を作りました。
最初に作った時は、クリスマスパーティーをした時で、集まった人たちにプレゼントとして配りました。

当時は今のようなパソコンも無ければ、プリンターも無い。
そこで、線画で描いたイラストを、必要枚数分だけコピーした。
そこに、1枚ずつ着色するという、とんでもなく気の遠くなる作業をやっていた。
あの頃は、本当に時間もあれば、体力もあったんですね(^^;)

第2作は、少し手を抜いて、カラーコピーを使った。
全部で4つのポエム集を作った。
もちろん製本も自分たちでやった。
本当に暇だったんだなぁ〜と、今となっては思う(笑)

今、あの頃のように時間があったら、いくらでも好きな絵を描いているだろうな。
そして同じようにポエム集を作ろうと思えば、Macで作業して、プリンターで出力して、いくらでも作ることができる。
何ならネット印刷に出して、本格的な物も作ることができる。

残念ながら、私には詩を書く能力が無い。
なのでポエム集は無理かな(笑)
でも、アニマルイラストシリーズは、イラストのコメントがあるので、似たような物にはなる。

そう、作品集を作ろうと思えば、いつでも作れる環境なんですよね。
あの頃の情熱を、また取り戻したいですね。

捨てる物を探っていて、捨てられない物を見つけてしまいました(^^;)
さらに情熱という忘れ物を、見つけたような気持ちです。
何かを形にしたいと思う気持ちって大事ですね。

常にあの頃の情熱を忘れないように、もっともっと頑張りたいと思った1日でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。