2019年01月23日

もう付き合いきれない

190123.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

もはや駄々っ子と同じですね。

昨年末に起きた、韓国軍による自衛隊機へのレーダー照射問題。
最初から非を認めて、一言謝っておけば済んだ話。
ところが、下手な言い訳をしたがために、嘘の上塗りを続けてきた韓国。

途中からはレーダー照射の問題を逸らすために、自衛隊機が低空飛行をして威嚇したという話にすり替えている。
自分たちこそが被害者だと、無茶な言いがかりをつけて、日本を非難する。
日本政府も、もうこれ以上話し合っても無駄と判断した。
だからこの問題については、協議を打ち切った。

すると今度は、「再び低空飛行の脅威を受けた」と、日本を非難している。
日本側は全くそんな事実は無いと言っているが、韓国側は狂ったかのように非難している。
韓国に言わせると「距離の問題ではなく、こちらが脅威と感じれば、それは脅威になる」だそうです。
もう無茶苦茶(笑)

つまりは普通に道路を車で運転していても、歩行者が脅威と感じたら、それは違反運転ということですね。
法定速度で走っていても、歩行者が脅威だと感じたら違反。
そんなバカな話がありますか。

韓国はどこに向かっているのでしょう?
北朝鮮と仲良くしようとして、日本を完全に敵国扱いにしているようです。
まさかと思うけど、本当に在韓米軍が撤退することも、あり得るかも知れません。

今回の件、そしていわゆる徴用工の件、そして以前からの慰安婦の件。
いずれも韓国側が、話を作り上げて来たものばかり。
常に「我々は被害者である」という印象作りをして来た。

その内、自衛隊機の低空飛行で、脅威を感じて精神的に追い詰められた。
そう言って、韓国内で裁判を起こして、日本側に賠償を求める判決が下されるかも知れません。
まさか、そんな、と思うけど、そのまさかをやって来るのがあの国です。

ここ数年、韓国は日本に対して、やたらと攻撃的です。
日本を怒らせるようなことばかりをしています。
そうしないと、政権が持たないという事なんでしょうね。
国内問題から目を背けるために、日本を批判して、国民のガス抜きをする。

ずっとそんなことを続けて、また教育でも反日教育を続けて来たから、韓国は日本に対して敵対意識を持つのだと思います。
一方の日本は、韓流ブームなど、どちらかと言えば、韓国に好意的でした。
でも、これだけ日本に対して、無茶苦茶な事をして来たら、さすがの日本人も怒ります。
そして今では、多くの日本国民が呆れていると思う。

自ら「我々を嫌いになってくれ」とアピールしている韓国。
日本人が韓国嫌いになれば、韓国に旅行に行く人も、韓国の製品を買う人も激減する。
そして何より、日本政府が韓国を見切って、経済制裁でもしたら、あっという間に韓国は潰れる。
それをわかっていても、そうせざるを得ない国内状況なんでしょうね。

「日本に関わらないでくれ」ってのが、正直な私の気持ちです。
潰れようが、北朝鮮と一緒になろうが、勝手にやってくれ。って言いたい。
でも、世界情勢はそう簡単にはいかない。
中国、ロシア、アメリカとの関係が、大きく崩れていく。

今年、韓国は崩壊するかも知れません。
北朝鮮寄りの文在寅政権に対する不満。
韓国国内で争いごとが絶えない。
だからこそ、その矛先を日本に向けようとする。

どうなる朝鮮半島。
友好国であるはずの韓国から、銃口を向けられる事態。
いつまでも平和憲法などと言っている場合じゃ無い。

真剣に日本国民一人一人が、どうやって日本を守るか考える時が来ています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。