2019年01月13日

Macの買い替え時

190113.jpg

私は仕事柄Macユーザーですが、世の中のほとんどはWinユーザー。
最近はMacユーザーも増えていますが、周囲はやはりWinユーザーがメインです。
そんな数少ないMacユーザーでも、Macのことをよく分からずに使っている人も多い。

逆に言えば、仕事でMac使っている人間以外は、MacユーザーってあまりMacのことをわかっていない。
これはMacユーザーだけに限らず、Winユーザーも同じかも。
つまりは仕事でパソコンを使っていない限り、パソコンに関してよく分からずに使っている。
でもこれは当然の事だと思います。

私は仕事でMacを使っているので、何かあれば自分で対応せざる得ない。
それ故に、昔からMacのことは自分で全てやって来た。
でも、そうでなければ、よく分からずに使っていると思う。
毎日車に乗っているからといって、車をよく理解しているか?と言われれば違う。
何かトラブれば車屋さんに助けを求める。

近しい人でMacを使っている人がいるのですが、Macの事で分からない事は、よく私に聞いて来ます。
その時々で対応策を伝えるのですが、最近困った事が起きています。
それはOSが古すぎて、何も解決が出来ないという事。

我が家にあるiMacと同じ機種を使っているのですが、購入した当時のOSのままで、一度もヴァージョンアップをしていない。
それ故に、サイトも開けない物が出て来たりして、かなり困っているようです。
それならば、OSをヴァージョンアップすれば良い。

しかし、OSをアップするにも、今はいきなり最新のOSに上げるしか手が無い。
MacOSは今は無料でアップできます。
でも、最新版のOSしかアップ出来ません。

そうなると、今使っているアプリで対応していない物も出てくる。
一番手っ取り早いのは、新しいiMacを購入することですが、安い買い物ではありませんからね。
一先ず、今使っているiMacの中身を綺麗にしたら・・・と言う話をした。
ところがバックアップを取っていないとの事。

それならば、まずは外付けHDDを買って、バックアップから始めようと言う事になりました。
早速外付けHDDを買いに走ったようなのですが、家電量販店から電話して来た。
外付けHDDを見ていたら、対応OSの中に自分の使っているOSが無いとのこと(^^;)
ここでもOSが古すぎて、外付けHDDが使えないと言うことに。

やっぱりOSが古すぎると、もう何もかも対応出来なくなっている。
もうかれこれ8年くらい前のOSですからね。
ここは思い切って、最新のOSにヴァージョンアップを奨めるしかないか。
対応していないアプリは、似たアプリを探して使う方向で。

私もMacPro使う前は、G5使っていて同様の悩みがありました。
その内iMac買って、そっちでメインの仕事するようになって。
このままでは無理だと思って、MacProを購入した。

パソコンの寿命って、本当に短いですよね。
10年も持たない。
5年くらいで、そろそろ買い替え時かなぁ〜って感じになる。

私のMacProも3年目。
あと2年くらいしたら、また色々と問題が出てくるのかなぁ〜(^^;)
あまりにも進歩が早すぎて、ついて行けません。
MacProはあと5年くらいは使ってやる(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | Macintosh
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。