2019年01月08日

ビックリな嘘つき国家

190108.jpg

いや〜ビックリしました。
女子レスリングの吉田沙保里さんが引退表明。
そして歌手の西野カナさんが、無期限の活動休止。
突然の発表にビックリです。

吉田沙保里選手は東京オリンピックまでやるかと思ったのですが。
まぁお疲れ様でした。
西野カナさんは、本当に突然ですね。
ファンの人もビックリ&ショックでしょう。

で、突然話は変わりますが、ビックリな対応をしている国もあります。
いや〜本当にビックリです。
自分たちからレーダー照射しておいて、日本が抗議したら逆ギレ。
おまけに自分たちの正当性を示すとする動画を公開。
でも、その動画の大半は、自衛隊が証拠として出した映像。

日本側が韓国のレーダーのデータを提出するように要請しても、完全拒否。
自分たちが正しいと思うのなら、堂々とデータを見せれるハズ。
自らレーダー照射しておいて、日本に指摘されたら、下手な嘘でごまかそうとする。

きっと韓国は、ここまで日本が食い下がるとは思っていなかったでしょうね。
適当な嘘を言っておけば、渋々日本が引き下がると思っていたでしょう。
ところが日本が引き下がるどころか、証拠となる映像を公開した。
そこで、自分たちのレーダー照射から、自衛隊機が低空飛行をしたという話にすり替えようとしている。

まるで、幼い子供が、自分を正当化しようとして、下手な嘘をついたような対応。
嘘を通せなくなって、さらに嘘を嘘で固めていく。
そして話が、どんどんおかしな事になっていく。
そんな幼児の嘘を聞いているような感覚です。

どこまでも悪いのは日本で、自分たちの非を絶対に認めない。
これが韓国という国なんですよね。
残念ながら、ず〜っと反日教育をして来て、全てにおいて「日本が悪い」という思考回路になっている。

ここまで舐められた態度を取られて、日本国民が黙っていると思うのだろうか。
きっと「韓国なんか大嫌いだ」と思っている日本人増えていると思います。
そりゃ〜自分たちから、嫌われる事しているんだもん。

慰安婦問題の不可逆的決着とした日韓合意を、予想通りないがしろにしている。
金だけもらって、また問題を蒸し返そうとしている。
それに加えて、いわゆる徴用工問題。
とっくの昔に、国家間で決めた合意を無視して、日本企業から金を毟り取ろうとしています。

そこに今回の自衛隊機へのレーダー照射問題。
もうどこまでも、日本国民を怒らせようとしている。
本当にビックリな国です。

ここまで来ると、怒りを通り越して、もうどうでも良くなりますね。
そんなに日本が嫌いなら、断交したら良いじゃないですか。
日本は特に困りませんよ。

残念ながら韓国は法治国家ではなく、情治国家です。
感情だけで国が動いているので、理屈が通りません。
そんな国と、まともに外交ができるハズがない。

日本の周辺国って、本当に困った国ばかりです。
揃いも揃って日本を舐めている。
でも、舐められても仕方ない。
憲法9条で守られていますからね。

日本が本気を出せないことを、周辺諸国は良く理解しています。
だから舐めてかかってくるのです。
こんな国々と、まともな外交できますか?
話し合いにもならないのに、どうやって話し合いで決着つけるの?

憲法改正して戦う意思がある国にならなければ、相手はいつまでたっても舐めてかかって来ます。
絶対に攻撃して来ないと、わかっているからこそ、レーダー照射したんでしょう。
以前、中国も同様のことをやりました。

憲法改正して、日本がいざとなれば戦うと分かれば、こんな舐めた態度は出来ません。
そうなって初めて、まともな外交ができるのです。

日本が改憲もせずに、今のままで行くと、ますます挑発的な態度に出るでしょうね。
それでも護憲派は「改憲すれば戦争になる」と叫ぶのでしょうね。

もう世界は大きく変わってしまったのです。
70年も前の憲法を、いつまでも変えさせないということが、矛盾しています。
このままの日本なら、周辺諸国はますますビックリな対応をしてくる事でしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:51 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。