2018年12月08日

寒波の中の合同稽古

181208.jpg

本日は土曜日。
土曜日はいつも、夕方から剣道の稽古。
もちろん今日も稽古がありました。
しかし、いつもとは違う稽古場所でした。

以和貴道場さんから、合同稽古会のお誘いを受けて、稽古会に行かせていただきました。
道場に着いた時は、まだ夕焼け空でしたが、稽古が始まる頃にはすっかり陽も暮れました。
子供達は黙々と稽古をしますが、見ているこちらはどんどん寒さが厳しくなりました。
今日は真冬並みの寒波が入り込んでいます。

スマホのお天気アプリで、現在の気温を見たら5.6度。
そりゃ〜寒いはずだ。

寒い中でも子供達は元気に稽古を頑張りました。
最後に、それぞれ自由に相手を見つけて、稽古をしていました。
日頃、なかなか同学年の子供達と稽古をできない娘たち。
特に次女は、同学年は1人しかいない。
以和貴道場さんには、同じくらいの子がたくさんいるので、いろんな子と稽古をしていました。

実は次女、最初はテンション下がったまま稽古に望んだ。
道場に向かう途中で、水筒の蓋を落としてしまった。
ちょっと特殊な水筒で、剣道の面をつけたままでも、お茶が飲めるように太めのストローが付いている。
そのストローのキャップを落としてしまったようなのです。

買ったキャップではなく、同じ道場のお母さんから頂いたキャップ。
とても気に入っていたのに、道中で落とした。
スマホのライトを頼りに、探していたのですが、見つけたその場で悲劇が起きた。

私が道路の向こう側に落ちているキャップを見つけた。
取りに行こうと思ったところに、左右両方から車が来た。
狭い道路なので、対抗するには道路の向こう側に、車がはみ出す。

左から来た車が、キャップを踏み潰しそうになりながら、ゆっくり走る。
前輪がキャップのギリギリを通ったが、無残にも後輪がキャップを踏んで行った。
私たちの目の前で、バキッと音がして、車が走り抜けた跡には、無残にも潰れたキャップが。

稽古前にテンションがだだ下がりになり、涙を浮かべながら稽古に向かった。
そのまま気持ちを引きずるかと思ったが、なんとか気持ちを切り替えて、稽古を頑張ってくれました。
稽古が終わったのは20時過ぎ。
そこから先生方への挨拶などして、道場を出て家についたら、21時を回っていました。

ガン冷えだったので、帰って来てからのお鍋が最高に美味しかった(^o^)
時には他の道場と合同稽古も良いですね。
子供達が生き生きとしています。
また次の機会に、参加できればと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:36 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。