2018年10月27日

グラフィックデザインの未来は?

181027.jpg

今年は仕事のペースが遅い気がする。
昨年のあの超過密スケジュールの仕事と比べると、今年はかなりゆるい。
3月くらいまでは、昨年の超多忙を引きずっていたので、死にそうな忙しさだった(笑)
しかし4月以降は、めっきり仕事が減った。

お陰で夏の間は、ゆっくりと仕事をしていた。
そののんびりさが、まだ抜けないようです。
忙しくなっているのに、なかなか仕事のペースが上がらない。

もう一つの要因は、やはりW会長の影響でしょうね。
PTA会長と剣道の父母会の会長をしているので、何かと用事が出来たり、考えるべきことが増える。
ただでさえ、処理能力の遅い私の脳は、仕事とPTAと剣道とで、スペックオーバーになっている気がする(^^;)

それにしても、印刷物の仕事は本当に減りました。
印刷会社の人に聞いても、皆一様に「印刷の仕事が無い」と口を揃えます。
もう印刷の時代は終わったのでしょうか。

そうなると、私たちグラフィックデザイナーの仕事も、もう要らなくなる時代に入ったのかも知れませんね。
これからますますAI化が進めば、グラフィックデザインの仕事もなくなっていくのかも。
何百、何千万というデザインサンプルから、AIがデータを導き出して、必要なデザインを済ませてしまう。
そんな時代が来ているのでしょうね。

私たちの仕事は「創造する」ことなんですが、その創造も無限のパターンの中から、AIが形にしてしまう。
そう考えると、クリエイティブな仕事って、一体なんだろう?って思ってしまいます。

そんな中、ちょっと変わったルートで仕事が入りました。
それは、私が作品を販売しているCreemaから。
通常は、私の作品を、お客さんが選んで購入していただく。

しかし今回は、私の作品を見て、自分のワンちゃんを描いて欲しいという依頼。
つまりはオリジナルイラストの依頼です。
イラストと言っても、ワンちゃんの顔を描いて、ロゴマークにするので、ワンポイント的なイラストです。

ようやく形になったので、後日手続きをして、データを送ることになると思う。
こんな形の仕事もあるんですね。
作品を売るだけでなく、オリジナル作品を受け付けるってのも、ありだなぁ〜と思いました。

これから10年の間で、きっと仕事の内容激変するだろうな。
その変化について行けるだろうか(^^;)
頑張るしかないですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:54 | Comment(0) | 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。