2018年10月25日

無事に解放されたのは良いけれど

181025.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

シリアで拘束されていた、フリージャーナリストの安田純平氏が無事に日本に帰国しました。
まずは無事に帰国できたことを喜ばしく思う。
家族の方も安堵された事でしょう。

しかし、今回の解放並びに帰国には、多くの謎が残る。
なぜ急に解放されたのか?
日本政府は多額の身代金を支払ったのではないか?
そんな懸念が渦巻いています。

マスコミは、やたらと安田氏を持ち上げる報道をしています。
フリージャーナリストが現地に行かなければ、本当の現状は伝わらないと。
確かにそうだとは思います。
しかし、日本政府から「危険地帯だから入国しないように」と言われていて、それを聞かずに入国し拘束された。

言わば、完全に何があっても自己責任なのです。
それはシリアに入る前に、安田氏も自ら発言していたハズ。
ならば「助けてください」と言う事自体が間違っていると思う。

シリアの内戦状態では、資金源を得るために人質ビジネスが行われている。
日本などの先進国のジャーナリストを捕まえて、国に対して膨大な身代金を要求する。
現にスペイン政府が、ジャーナリストを解放してもらうために、多額の身代金を支払った事実がある。

危険な地帯に入ると言うことは、その餌食になる可能性が十分にあると言うこと。
数年前に自称イスラム国に、日本人が拘束され、残念ながら2人とも無残な殺害をされてしまった。
今回の安田氏は、また別の集団だった可能性があり、殺害されずに済んだのかも知れない。

つまりは運が良かったと言うだけのこと。
しかし3年以上も拘束するとなると、拘束する側にも費用がかかる。
食事も与えなければいけないし、見張りも必要。
大の大人を1人養って行くようなものです。

だからこそ、タダで解放することは無いと思います。
少なからずお金が動いている可能性が高い。

もし、仮に日本政府がお金を出していたとしたら。
今後も似たような事件は起きるでしょう。
「日本人を捕まえると金になる」
そう思われてしまう。

フリージャーナリストという仕事は、常に危険と向かい合わせだと思います。
特に海外に出向き、紛争地帯を取材するジャーナリストは、命の危険に晒されます。
しかし、自分の身は自分で守ることができるジャーナリストでなければ、紛争地帯には入らないでほしい。
確かに情報は必要ですが、無防備な状態で入ることは、今回のような事件を、再び起こすことになる。

「自己責任」とは言っても、いざ拘束されて人質となれば、日本政府は無視できない。
安田氏は、今回の事件を大いに反省し、二度とこのような事が起きないように、務める義務があります。
ジャーナリストだから、何をやっても良いわけでは無い。
結果、日本政府に迷惑をかけたのは事実。

マスコミは安田氏を被害者のように扱っているが、やはり自己責任の問題は追求しないといけません。
体調の回復を待って、真相の究明に当たって欲しいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。