2018年10月15日

絶対反対!!

181015.jpg

安倍総理が予定通り、来年の10月に消費税を10%に引き上げる方針を明らかにしました。
消費増税後に冷え込むであろう、景気の対策を打つとの事です。
いや、一番の対策は、税率を上げない事だと思う。

アベノミクスを打ち出してから、確実に景気は回復して来ました。
ただ、我々一般庶民のところまでは、恩恵は降りて来ておりません。
多くの企業は業績を伸ばし、景気は回復に向かっているが、働く人の給料に反映されていない。

結局は企業側が内部留保して、労働者にお金を渡さないから、誰もお金を使わない。
そりゃそうですよね。
これから先も、給料が上がっていって、将来が見通せるのなら、お金も使える。
しかし、給料は上がらず、物価だけ上がり、そこにさらに消費税がアップされる。

もう、誰も消費をしなくなります。
せっかくデフレ脱却に向けて、ゆっくりと回復しているのに、これでまたデフレに戻すつもりでしょうか?
5%から8%に上がった時点でも、景気の回復の足止めになりました。
そこからようやく回復して来ているところで10%。
完全にデフレに戻ります。

低減税率を設けるとの話もありますが、どこで線引きをするのでしょうか?
一部の商品は8%で、こっちは10%。
そんなややこしい事をして、商品が売れるでしょうか?

消費税を上げれば、当然景気は後退し、税収は下がります。
日本経済をダメにしたいのなら、消費税を上げれば良い。
本当に、日本経済を良くしたいのなら、消費税を上げるのは絶対反対です。
結局のところ、財務省が自分たちが使えるお金を集めるために、消費税を上げたいだけ。

単純に考えてもわかる事だと思う。
1,000円の商品を買おうと思ったら、1,100円が必要になる。
たかが100円。いいえ庶民にとっては大きな100円です。
消費税が10%になったら、確実に庶民の財布の紐は固くなります。

そうなれば、物を買ってもらうために、値下げ合戦が始まる。
企業は物を安くしてでも売りたい。
結果、企業の利益は下がり、労働者の賃金も下がる。
また物を買わなくなり、さらに値下げに動く。

このデフレで、日本はずっと苦しんで来た。
ようやく脱却しようとしているところで、消費税10%は自殺行為だと思う。
絶対にやめて欲しい。

テレビも新聞も、もう10%増税が確定したかのように報道しています。
なぜ、10%になった時の危険性を訴えないのでしょうか?
あれだけモリカケで安倍総理を叩いたのに、今回は静かです。

結局は財務省の言いなりなんですよね。
報道機関を使って、もう決定事項のように見せて、国民の反対意識を和らげる。
「決まっている事なら仕方ない」と思わせる作戦なのでしょう。

皆さん、諦めてはいけません。
最終的に決めるのは、安倍政権です。
私たち国民の声が、一番の判断材料です。

声をあげましょう。
消費税10%は絶対に反対です。
日本経済が落ち込みます。

下記より首相官邸に意見を送れます。
多くの国民が反対すれば、決して無視は出来なくなります。
何もしないで、10%増税を受け入れますか?
それとも、私たちの意見を伝えて、少しでも判断材料にしてもらいますか?
簡単な言葉で良いと思います。
私たち国民の声を届けましょう。

http://www.kantei.go.jp/jp/forms/dokusha_ssl.html
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。