2018年10月12日

不登校を減らすために

181012.jpg

今夜は市PTAの役員・理事会がありました。
私も広報委員長となっているので、会議に参加しました。

今日は大事な役目がありました。
それは、皆さんに市PTAのホームページを見ていただく事。
そのために、MacBookProを持参して行きました。

MacBookProからプロジェクターに繋いで、出来上がったホームページを見ていただき、様々な意見を頂戴しました。
また仕事の合間に、修正を行いたいと思います。

本日は、会議の前に、教育総合センターの方のお話がありました。
こちらもプロジェクターを使って、取り組みの紹介をしていただきました。
お話の内容は「不登校の子供の対応」について。

残念ながら、私たちの市の学校にも、不登校の子供達がいて、その相談から対応まで、取組の一巻を見せていただきました。
お陰様で、我が家の子供達は、今の所不登校などにはなっていません。
学校が楽しいようで、毎日元気に通っています。

それが普通の認識なので、どうしても不登校という事に対して、意識が向かない。
話を聞かせていただきて、こんなにも不登校の子供達がいる事に、驚きを隠せませんでした。

しかし、ちゃんとカウンセリングして、時間をかけて向き合えば、不登校は無くなり、ちゃんと社会に復帰できる。
そのために、様々な取組をしている事がわかりました。
とても参考になり、勉強になりました。

私の周囲では、不登校に悩む親御さんはいません。
でも、同じ学校には、いる可能性があります。
そして、我が家の子供達も、不登校になる可能性はゼロではありません。

大切なことは、子供からの信号を見逃さないこと。
そして親だけで悩まずに、相談することです。
なかなか難しいこととは思います。

もし、我が家の子供達が不登校になったら、やはり親だけで解決しようとして、必死になるでしょう。
このような取組がある事を知らされても、最初は相談に行くのも恥ずかしいという思いがある。
なかなか実情を受け入れる事が出来ないと思います。

また、子供も最初は行きたがらないでしょう。
そこは時間をかけて、対応するしかない。
今回のお話は、とても良い勉強になりました。

もし周辺で不登校に悩む家族がいたら、そして我が家の子供が不登校になってしまったら。
今日のお話を思い出して、教育総合センターへ相談したいと思います。
そうならないように、日頃から、子供達のメッセージを受け取る事が、一番大事ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。